あすのかて

アクセスカウンタ

zoom RSS 20140831 Circus vol.1@恵比寿アートカフェ

<<   作成日時 : 2014/09/20 10:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Circus vol.1 arranged by Ryo Sonoda@恵比寿アートカフェ
園田涼(ピアノ)、吉田誠(クラリネット)、枝並千花(ヴァイオリン)、玉川克(チェロ)


当初は「4人でライブをやりますよ」という情報だけだったけれど、
ライブの少し前に「Circus vol.1」というタイトルがついた。
サーカス。そしてvol.1ということはシリーズものになるの?
という期待を膨らませながら、会場へ。

会場の奥のほうにピアノや譜面台がセッティングしてあり、
客席から見て右側のほうにピアノ。横向きじゃなくて、客席側を見て演者が座るような配置。
どこの席に座ろうか悩んだ挙句、やっぱり園田くんを見たいから、とピアノ前の席を確保。
それゆえ、いざライブが始まってみると、ピアノをはさんで
園田くんと向かい合うような位置に座っちゃったのですよ。

向こうはこっちなんて見えてないんだろうけどね。
こちらとしては真正面すぎて直視できず、
ピアノの蓋に映るハンマーの動きをひたすら見ていた私(笑)
背中が丸まってるときは、眉までしか見えないんだけど、
姿勢よく楽譜を見ると顔が見えるもんだから、私の視線はハンマーへ。

近すぎる席は落ち着かなくて良くない、って学習しないなぁ、我ながら。
でも、ハンマーを眺めてピアノが動いているのを実感しながら
ぼんやりと音に身をゆだねるのも気持ちよかった←

最初は、園田くんと吉田くんが登場して「Goodman On The Avenue」
枝並さん、玉川さんも登場して、
Cubano Chant、BE MY LOVE、昼下がりの情事、シェルブールの雨傘…
という感じで第一部は進んでいく。

第二部は園田くんアレンジのGersheinメドレーから。
その中にゴスペラーズの歌で聴きなれた「Someone To Watch Over Me」が。
(どうしてもてつやさんのお顔が浮かんでしまってごめんなさい)

園田くんのオリジナル曲コーナーもあり。
CITY LIGHTS〜Why Can You Breathe〜この日初披露の新曲。

この新曲というのが。タイトルは「Flying Express III」
すりーですよ、すりー。
「バンドのとき、I、IIを作ったんですけど…」ってさらっと言うから
(わたし知らない…)と思ってたけど、後で友達に聞いても
Iは聴いたことないって言ってた。

本編最後に、昨年の春の園田くんのソロコンサートでもやった「Circus」で終了。
楽譜がなくて自分で耳コピした、という曲。
これをさらにこの編成用に作るのは大変だったろうなぁ…
アンコールはチャルダッシュ。

始まるまでは、ヴィオリンとチェロとの競演っていうことで、
バンドのことを思い出しちゃうんじゃないかと、ちょっと怖かったのよね。
でも意外と平気だった。
枝並さん、玉川さんがクラシックっぽいからかしら…
むしろ8月上旬の西浦さんのヴァイオリンのほうが連想させる感じだった。

単に慣れてきたのかもしれないけどね。
ちょっぴりチクリとするけど、やっぱり園田くんの曲には弦が似合う。

4人それぞれにマイクがあるのに、吉田くんは
話したくなるといちいち園田くんのマイクを奪おうとして
「そっちにマイクあるから!」って何回も言われる、
っていうのは天然なのか、ネタだったのか、園田くんとじゃれあいたかったのか(笑)
仲良しさんっぷりが微笑ましいライブでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
20140831 Circus vol.1@恵比寿アートカフェ あすのかて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる