あすのかて

アクセスカウンタ

zoom RSS 20141211 noteナイトvol.1@千駄ヶ谷LIFE's studio

<<   作成日時 : 2015/01/25 20:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

UQiYO(エレクトロニカユニット)
菅原敏(詩人)
園田涼(ピアニスト)

ソーシャルメディアプラットフォームのnoteのイベント。
住宅街の中を抜けた会場についてみると、イベントホールに椅子が20〜30個。
ステージ上にはUQiYOの機材がセッティングされている。
空いてたので、一番前の椅子に座ってみちゃったけど。
ステージ低いし、近い…!

ギターとドラムと電子ピアノとループマシンで
その場で作り出されるUQiYOの世界に引き込まれ…
客も参加を促され、舌ぱっちんで参加する友達のセンスに感心しつつ…

菅原敏さんの詩の朗読の世界にうっとりしつつ…
(詩人、かつ、素敵な声質というのは素晴らしい)

えぇと。次は園田くんだよな、と思ってたら、
UQiYOの電子ピアノ弾いてた方が、さっきご自身が弾いてた楽器を自らセッティング。
ステージの真ん中に、客席の方に向けて。
さかいゆうくんのステージみたいだ。

こんな近くで、こっち向いて弾くの?と友達ときゃぁきゃぁ言ってるうちに
きりりとした表情で登場する園田くん。
「You are so boring!」「うらぎりものたち」で始まる。
何か怒ってるのかと思って怖くなるほどの迫力。
でも聴いているうちにその迫力にいい意味でゾクゾクしてくる。

2曲終わるといつもの優しいMCになってほっとする。
自分で運んできた電子ピアノがUQiYOの方とまったく同じ機種なので
借りちゃったそうですよ。
こんなことなら車で来なければビール飲めたのに…なんてお話に和んだ後に。
「スローモーション・キラーズ」「水面の悲しみ」でうっとりと聴かせ、
「nationalism」でぴりっと引き締め。
菅原さんのセリフを引用して「すべての女性に捧げます…」との言葉から
「White Christmas」で終わる。ひょぅ( *´艸`)
私の中では2014年クリスマスの最高潮の盛り上がりはこの日でした(笑)

とっても濃い6曲のステージ。
生ピアノとか音響のいい会場での園田くんを最近見慣れてたので、なんだか新鮮。
至近距離なのも貴重だけど、客席側に正対して演奏しているというのもレア!
電子ピアノで、イベントホールでも、こんなすごい迫力で聴かせてくれたことに静かに感激。

終演後に出口近くにいた園田くんに、すごい迫力だった!とお伝えしたら、
濃ゆい前の2組に対抗しようという気合いだったそうで。
気まずくて客席見れなかった、なんてことも言ってました。

3日連続園田くんライブがそれぞれ色合いが違いすぎて、とっても楽しかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
20141211 noteナイトvol.1@千駄ヶ谷LIFE's studio あすのかて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる