あすのかて

アクセスカウンタ

zoom RSS 20151004&1017 “Love Letter To Chopin” Release Tour

<<   作成日時 : 2015/11/21 17:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10月4日の“Love Letter To Chopin”発売と同時に始まった
園田くんのピアノトリオのツアー。


“Love Letter To Chopin” Release Tour by RYO SONODA Piano Trio, The Longing

東京公演
10月4日(日) ヤマハホール
開場16:30 開演17:00
園田 涼(Piano)、二家本 亮介(Bass)、山内 陽一朗(Drums)

福岡公演
10月10日(土) Space Terra
開場12:30 開演13:00
園田 涼(Piano)、脇山 拓(Bass)、山部三喜男(Drums)

福岡公演(ソロピアノ)
10月11日(日) Space Terra
開場19:00 開演19:30

大阪公演
10月17日(土) ROYAL HORSE
開場11:30 開演12:30
園田 涼(Piano)、二家本 亮介(Bass)、山内 陽一朗(Drums)

神戸公演
10月18日(日) SONE
開場: 17:00
ステージタイム@18:50- A20:20- B21:50-
(各50分の3ステージ)
園田 涼(Piano)、二家本 亮介(Bass)、山内 陽一朗(Drums)
ゲスト
飯嶋ももこ(Vo)

仙台公演
10月25日(土) JAZZ ME BLUES noLa
開場16:30 開演17:00
園田 涼(Piano)、森木啓太(Bass)、岸川 雅裕(Drums)


ツアースケジュール見て「何それ?」って
声に出して呟いちゃったので、コピペしてみました。
各地でメンバー違うとか、開演13時とか12時半とか…
アルバムのレコーディングメンバーがご多忙であったり、
会場の都合だったりするのでしょうが。

というわけで(?)私は東京・大阪・神戸・仙台へ。
大きなホール、午後の日差しが射すライブハウス、
ムードたっぷりのジャズクラブ、
ソロピアノ曲サービスや誕生日祝いが特別なツアーファイナル。
ひとつひとつが思い出深い。楽しい10月になりました。

と、最後まで終わった今となっては振り返ることができるのだけど。
実はツアー初日は、私は体調が悪くてなんだか気持ちがぼろぼろで。
そもそもクラシックに親しみのない私は、
こういうアルバムを出すと聞いた時から聴くのに恐怖心を持っており。
ツアー初日に会場で買うつもりで銀座に向かったけれど、
銀座にはあまりいい思い出もないし、ヤマハホールは重厚で緊張しちゃうし。

G.T.D.S.
Flying Express III
NO.1 Party Anthem
City Lights
nationalism
スローモーション・キラーズ
Vertigo
(休憩)
ゴリウォーグのケークウォーク
ワルツ Op.64-2
アラベスク
精霊の踊り
バスピエ
カルメン幻想曲
幻想即興曲

(enc.)
海の子守唄


演奏が始まって、エレキベースとドラムの音に安心感。

家に帰っても、体調悪すぎるせいか、横になっても寝つけなくて。
「あらこんな時こそ買ったCDを聴けばいいんじゃないの」
と気づいてプレイヤーで再生する。
コンサートで1番印象的だったショパンのワルツ、
CDだとギターも入ってまた印象違うけど、弱った私にすごく優しい。

そんな状態で大阪・神戸の旅に出るのはちょっと怖かったけれど、
交通機関も宿も手配してしまったから、出かける。
それが、よかった。

違う土地だからなのか、明るい窓の外が見える昼公演だからなのか、
銀座と同じセットリストなのにまったく私の中への染み方が違った。
単純に気持ちよく聴いて、幸せな気持ちで公演が終わった。

「スローモーション・キラーズ」がとっても染みたので
物販でポストカードにサインをもらいながら
「いい曲ですね…」って言ったら
「今ごろ気づいたんですか」って言われた←

神戸、仙台の思い出は長くなるので別エントリで後日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
20151004&1017 “Love Letter To Chopin” Release Tour あすのかて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる