あすのかて

アクセスカウンタ

zoom RSS 20160124 We are Sneaker Ages 第1回関東グランプリ大会@新宿文化センター

<<   作成日時 : 2016/01/31 10:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

高校生の軽音楽コンテスト。
園田くんが審査員を務め、ゲスト演奏もするとのことで行ってきました。

「コンテストに出る息子に来るなといわれたけどこっそり観に来た母親とその友達」
という設定にしてみたらなかなか感情移入して楽しむことができました(笑)
「来るなって言われてるんだけどこっそり行こうかと」
「まぁ、○○さんところの△△くんがあんなに大きなホールで?私も観たいわ」
なんて小芝居をしながら会場へ。。。

そんなことでもしないと入場が憚られるジェネレーションギャップ。

でも聴いているうちに私もそんなこと忘れて
引き込まれてしまうのが音楽の素晴らしいところ。
杉並学院のガールズバンド(←)のギターの子が
とってもかわいかったのが忘れられない。
イベント終了後にロビーで物販に
園田くんがいるのみつけてwktkしてたのに、
ギターの彼が通りかかって思わずそっちに目を奪われた…

各バンドが演奏し終わった後、審査結果の集計の時間に
園田くんのゲスト演奏、というスケジュールな様子。

休憩時間にステージの楽器セッティングとサウンドチェック。
ジュノバンドの4人が音を鳴らしている。
気がついたら「LAST NIGHT」になる( *´艸`)
客席にジュノペンの高校生でもいたらびっくりだろうな…

そして司会に紹介されてゲスト演奏タイム。
関西では長年開催されている「Sneaker Ages」
実は園田くんも出場したことがある、という話をして。
こんなに応援団がきてくれたわけじゃなく、
メンバーのおかん達が来てただけ…なんて言いながら。
Flying Express IIIと幻想即興曲。

香取くんのギターぎゅいんぎゅいんでかっこよかった!
そして「幻想即興曲をやります」と言った時の客席のざわめき。
高校生たち、大先輩の演奏にエネルギーもらったことでしょう。

ホールの2階席からバンド全体見れて楽しかったなぁ。
2曲だけだけど、なんかすごく幸せな気持ちに浸って帰れた。

物販で友達と、冒頭の「母親」設定のまま話していたら
「えっマジっすか!」と本当に子どもが出場していると
勘違いしてしまったピュアなにかちゃん。
嘘つきでごめんなさいm(_ _)m

若者こどもに関しては「ブラック」「貧困」「虐待」みたいな
ワードばかり目に入ってしまう昨今、
あんなに幸せそうな子たちもいるんだ、ってほっとできた日曜日。
視野を広く持たなきゃね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
20160124 We are Sneaker Ages 第1回関東グランプリ大会@新宿文化センター あすのかて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる