あすのかて

アクセスカウンタ

zoom RSS 20161207 堂島孝平× SOLO TOUR 2016『俺が、ゆく -neo- 』

<<   作成日時 : 2016/12/18 21:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

堂島孝平× SOLO TOUR 2016『俺が、ゆく - neo - 』@Shibuya Pleasure Pleasure

堂島くんとは直接関係のないことなのだけど。
私がもう25年もファンであるボーカリストの黒沢健一さんが
12月5日に亡くなったという報せが、12月7日の昼間に発表されて。

仕事の合間に昼ごはんを食べながらTwitterで知って。
動揺しながらも午後はなんとか仕事をこなして。
この日にライブの予定があってよかった。
堂島くんと健一くんのチーム・イバラキックスの夢の競演、嬉しかったなぁ。
なんて思い出しながら、渋谷に移動する。

20090815 TEAM IBARA-KICKS@SHIBUYA BOXX
20100422 ROCK YOU LIVE 〜TEAM IBARA-KICKS 2010〜

5月のMOTORWORKSライブの時の「健一はイギリス行ってて帰ってこれない」は
優しい嘘だったんだなぁ。代わりに歌った秀樹くん。
なんてことに気づきながらも。
ライブ始まる前に、今日は頭を空っぽにして音楽に身をゆだねよう、
って思ったら安心できた。
やっぱり堂島くんの音楽は優しかった。

札幌で見た時とだいたいの流れは同じだったけど、
音楽を作るってこと、曲を提供すること、テレビ仕事について
熱く熱く語っていたのが印象的だった。

「俺は、ゆく」とか「PERFECT LOVE」とか
聴くの辛いかと思ったけど、意外と平気だった。
この2曲は祖母が亡くなった直後だった札幌の時の方が涙腺を突いた。
1対1の歌詞だからかな。今日の気持ちはそれではない。

堂島くんは、健一くんのことにもMCで触れてくれた。
「堂島、いい曲作ってるなって思ってもらいたい」って。
この日に行くのが堂島くんのライブでよかった。
驚きと残念な気持ちを抱えながら、
でも観客を楽しませてくれる素晴らしいライブをしてくれた。

私は2階席だったので遠くから見守るしかなかったけれど。
ライブ終盤では1階の客席を歩きながら歌う堂島くん。
観客は驚いたのか、反応薄くて「2列目にだけ人気だね」と(笑)
声も手も届かなかったけれど、2階でも人気あったよ!

堂島孝平がシンプルに届けた音楽の楽しさ エンターテインメントに振り切ったソロツアー最終公演 - Real Sound|リアルサウンド

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
20161207 堂島孝平× SOLO TOUR 2016『俺が、ゆく -neo- 』 あすのかて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる