映画「間宮兄弟」

@シネ・リーブル池袋
舞台挨拶(森田芳光監督、佐々木蔵之介)

「間宮兄弟、面白そうだから見たいね」と話していた友達が
舞台挨拶つきのチケットを取ってくれた。
実は特に佐々木氏のファンというわけでもなく行ったのだけど。
赤いシャツに白いジャケット、クリーム色?のパンツで登場。
ひゃー、顔小さいー!背高ーい!かっこいい!
しかも、質問コーナーでは自らマイクを客席の質問者のところまで持って行くなど、
かなり気さくな、いい人ぽい。
(この時も舞台と客席をさえぎるロープを長い足でひょいとまたぐ姿が素敵だったりする)

私、この方の今までの活動についてはよく知らなかったのだけど、
同行の友達は、昔所属していた劇団での彼の舞台を見たことがあるとのこと。
音楽と同じで、「ライブ」経験の豊富な方は、エンタテインメントの精神が
染み付いてるのでしょうか。そんなことを感じました。

監督もキャンペーン続きで枯れてしまった声をいたわることもなく、
こだわり(欠点を目立たせてしまう間宮兄弟のファッションセンスのなさ)や
見所(全部!だとか)を語ってくれました。
映画『間宮兄弟』の公式ブログ
祝・『間宮兄弟』 公開&大ヒット!!」によると
舞台挨拶を予定していなかった回にも飛び入りで出演されたとか。
私はそれほど映画好きでもなく、大好きな俳優がいるわけでもないので、
舞台挨拶を見るのなんて初めてだったのだけど、
製作した人の熱い思いを感じた上で映画を楽しむのっていいものですね。
客席の一体感もできて、くつろいで映画が観られる。
(↑これは監督が音頭を取った一本締めのおかげ?)

雨模様の本日、座席に傘スタンドのあるこの劇場に感激。
映画館とかコンサートホールって、傘の置き場にいつも困るんだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント