iTunes 7を入れてみた

NIKKEI NET IT-PLUSの記事「新型iPod・iTunes7の進化が示すアップル大変身の決意」を見ていて
一番気になったのがiTunes7の「カバーフロー・ビュー」の写真。

今、手持ちの4GBのiPod nanoで満足している私としては
色とりどりのnanoとか、とっても小さいshuffleが発売!っていうニュースには
魅力を感じなかったのだけど、なんかiTunesが楽しそうに変わったのが気になって。
iTunes Store('Music'が取れたのね)で取り扱ってるものonlyだけど、
自分でCDからリッピングしたものにもアートワークを追加できるということで、
早速バージョンアップ。

で、自分のライブラリの全曲を選択して([編集]→[すべてを選択])
右クリックで[アルバムのアートワークを入手]を選ぶと、
ひゅるる~とアートワークを探してくれました。
今「2267項目、8.42GB」なのですが、1分くらいで全部できちゃった。

iTunes 7


ざーっと眺めてみると、かのTHE BLUE HEARTSの同名アルバムの曲に
「Big Blue Hearts」って書いてあるビジュアル系?のジャケットがくっついてたり、
あるオムニバスアルバムをリッピングしたものには、KOOL & THE GANGが1曲入ってるせいか、
それに入ってた他のアーティストの曲にも全部KOOL & THE GANGのジャケがくっついちゃってたり。
そういうのを苦笑いしながら手作業で削除するのも、まぁまぁ楽しい。

これからは、CDをリッピングすると自動的にアートワークをダウンロードしてくれるみたい。
(初期設定でそうするようになってる。お嫌なら[編集] → [設定]→[一般]で
「見つからないアルバムアートワークを自動的にダウンロードする」のチェックを外しましょう)
最初は「アートワークの分、容量食うし、どうしよう?」と思ってたけど、
この楽しさはそんなことには変えられないなぁ~♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント