20071229 黒沢健一@shibuya duo『ソロライブ2007年末歌い納め』

この日のスペシャルゲストが登場するなり、
健一くんに向かって「歌、うまいね」って言ったのには笑ったけれど、
私もライブ後に友達としみじみと同じことを言ってしまった。
天才、とか、うまい、とか、すごい、とか。
そんな単純な言葉しか口から出てこなかった。

スペシャルゲストは、弟の黒沢秀樹くんだったのですよ。
しかし、10年ぶりの黒沢兄弟の競演が、
【柱の右に秀樹くん、左に健一くん、真ん中で柱が断絶】
という状態でしか見えないなんて悲しすぎる。
左と右で、まさにL⇔R…なんて(涙)
客席のばばんと太い柱、ジャマすぎます。
整理番号が良くなかったので、立ち位置に選択の余地がなかったのだけど。

まぁまぁ、一応あの場に居られただけで幸せです。
何がすごいって「Bye Bye Popsicle」に「LAZY GIRL」ですよ。
L⇔R初期のアルバム、「Lefty in the Right~左利きの真実」に収録の名曲。
「この曲作ってたとき、秀樹にここはこの方がいい、とか言われて…」
なんていう前置き付きで演奏が始まったのに涙。
ゴスペラーズで言ったら「Moving」演奏したみたいなものですよ。

…ちょっと違うな。
個人的には生で聞けた感動は「Moving」並だけど
グループにおける位置づけとしては「侍」とか「Atras」的な感じか。

自分が行けなかった27日のライブで演奏されたという情報を得ていたので
(「びっくり電話」さま、ありがとうございます)
心の準備はできていたのだけど、それでもなんともぐっとくる瞬間でした。
オーディエンスの合唱にもまた感動。みんなと一緒に歌えたことに感動。

合唱で心がひとつになってしまったオーディエンス。
アンコールが終わって「本日の公演は終了しました」のアナウンスが流れても
手拍子をやめず、帰ろうとしない。
ついにステージに健一くんと遠山さんが登場。
本来はライブ中盤だけのゲストだったと思われる秀樹くんも登場。
「裏で、今日のライブ良かったなぁ、ってすっかりくつろいで
 チョコ食べてたのに、健一くんが『出ろ!』って」
兄貴権力の発動に拍手。

1曲演奏して、今度こそ「おやすみなさい」と引っ込むけれど、
まだみんな帰ろうとしない。
アナウンスを繰り返しても全く効果がないので
ついにアナウンサーさんも動揺して言葉に詰まり
「えっと…今日のご感想はお配りしたアンケート用紙に」という声が震えだす。
その人間味にますますオーディエンス盛り上がる(笑)
アナウンサーさんにまで拍手。

そんなことして盛り上がってるうちにもう一度健一くん登場。
「ブルーを撃ち抜いて」
これがね、また私が大好きなL⇔Rの名曲なんですよ。
前にやったソロライブでも確か演奏していたので、
活動休止以来初めて、っていうわけでもないけれど、
これも聞けてよかったなぁ…

まさか黒沢兄弟の「Be-Bop-A-Lula」がまた聞けるとは、とか、
「Younger Than Yesterday」はやっぱり最高だとか、
よかったなぁ…を書いてるときりがないんだけど。

歌い納めてくれてありがとう。
なんだか2007年がとっても良い年だった様な気になったよ。
Lefty in the Right〜左利きの真実

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント