苗場旅行、幸運と不運のバランス

【幸運】
・行きの新幹線、私たちは指定席。指定席が取れなかった友達と立ち話をしていると、後ろの席の人が「この席、使わないのでどうぞ」と譲ってくれる。
・12時少し前に苗場プリンスホテルに着くと、親切なフロントの人が一部屋2000円でアーリーチェックインができることを教えてくれる。早速、荷物を置いたり着替えたりできて快適。
・3人での予約だったので「ツインルームにエキストラベッド」かと思っていたら、ベッドがふたつにソファーベッドがふたつの2号館の「ファミリーツイン」!広くて快適。
・ベッド争奪じゃんけんに勝利。
・昼食に、ゴスペラーズ黒沢薫レシピのカレーを提供するホテル内のレストランへ。部屋でのんびりしていたせいで昼食ラッシュ時を外れ、スムーズに店に入れる。
・ちょうど食べ終わった頃、厨房に挨拶に向かう黒沢薫を目撃。入場するプロレスラーへの声援のように「カレーおいしかったです~ごちそうさま」と言えて満足。
・雪が降り続いていたせいで、ゲレンデは滞在中ずっときゅっきゅっふかふか。快適。
・和食処「松風」の夕食の予約が希望よりも早い時間の5時半しかとれず。でも結果的にライブまでに満腹感も酔いも落ち着いたので良かった。
・調子に乗って飲んだ日本酒「鶴齢」(かくれい)がおいしい。
・ライブの席、前から5列目くらいの位置。

【不運】
・初日は吹雪。
・ライブの席がすごく端っこ。1曲目ではメンバーが4人しか見えずに愕然。

というわけで、「幸運」と「不運」を天秤に乗せたら、「不運」が軽すぎて吹っ飛んでしまうくらいの楽しい旅でした。
ライブを見てのいろいろはまた後日。


【その他特記事項】
・A師匠からスキーのアドバイス、「10円玉を落とさない」「私はゴムまり」
・2日目の昼食、すし処「雪国」の三色丼おいしい。
・レイトチェックアウト、一部屋4000円で5時まで。朝、スキーに出かける前にチェックアウトしたり、ロッカーに荷物を入れたり、落ち着かない更衣室で着替えなくて良いのが快適。

ライブレポ(というほどでもない徒然)はこちらへ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント