北村薫【街の灯】読み終えた

著者:北村薫
タイトル:街の灯
出版社:文藝春秋
読んだ期間:20080209~0210

二回目の通読。
昭和初期の上流社会が舞台。
この北村薫が描く別世界に、女子はうっとりとしてしまうのです。
特に最後の一編では、単なるお嬢様と思っていた登場人物の
この時代の上流家庭に育った故のしたたかな強さが心に響く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント