20090524ゴスペラーズ坂ツアー2009"15周年漂流記 春夏" @神奈川県立県民ホール


【ネタばれあります!知りたくない方は読まないで!】

まずはセットリストについて。

アコースティックコーナー(シマダチ前)が
「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」で
アンコール2曲目が「U'll Be Mine」というところ以外は
初日の川口公演(その日のレポはこちら)と同じ。

横須賀公演でも「港の…」をやって、
おもいっきりトチって曲を止めてしまった黒ぽん。
「横浜公演でリベンジを!」と個人的に主張していたところ、
やってくださいました!
黒ぽんたら、曲が無事に終わったところで、全力でバンザイしてた。
よっぽど嬉しかったのね。

「アンタ、あの娘のなんなのさ」の前のあのキメ部分が
横須賀では黒ぽんソロで、そこで止めてしまったのだけど、
横浜では真理さんのアコーディオンでのサポート付きでした…

個人的には「U'll Be Mine」が聞けたのが嬉しかったな。
大好きなので、この曲。
でも、村上さん。客席に歌わせるのはいいけれど
「愛し合ったはずの彼女に誓った明日さえも
嘘に変えて傷つけた 君に出会って」
という、この曲で一番残虐な部分を歌わせないでください(笑)
みんなで合唱する気分になれません、この歌詩。

うろおぼえなんだけど、ヤスが最後の挨拶で、
この曲を書いたときは二十歳だったけど、
その思いを胸に今でもこうやって歌えるのは
素晴らしいことだ、っていうような話をしてたのが
印象的でした。

今ツアー、「ヤス最高!」ばっかり言ってるけど、
この日も「狂詩曲」でののけぞりの見事さ(笑)といい
「逃飛行」の村上&黒沢のボーカルバトルの真ん中で
低音を響かせる姿といい、ヤスが印象的でした。

客席も(笑)メンバーも
前日の八王子公演での熱をそのままに
盛り上がってた感じがすごく楽しかった。

私は前日の八王子公演には行ってないんだけど、
アンコールで「それでも恋はやってくる」をやったとか。
苗場で聴いたけど、また聴きたいな。
このツアーで、またどこかで聴けるかしら?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント