有栖川有栖【壁抜け男の謎】読み終えた

著者:有栖川有栖
タイトル:壁抜け男の謎(角川文庫)
読んだ期間:20110521~0524

企画もの、テーマに従って書いたものを集めた短編集。
有栖川有栖らしいミステリじゃないものも多く、新鮮。
入門書ではなく、有栖川マニア向けの一冊か。

「下り「あさかぜ」」みたいなパロディは大好き!
マニアックなこだわりは、彼らしい、といえば彼らしいのかな。

「彼方にて」は、ビン・ラーディンの殺害という
衝撃的なニュースのあったこのタイミングで読んだことは印象深い。
私は中井英夫に関する知識は全くないので、
そう言う点ではこの作品はわからないことだらけだったけど。

ちょっとした東海道線での日帰り旅行のお供に最適でした。


壁抜け男の謎 (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-04-23
有栖川 有栖


Amazonアソシエイト by 壁抜け男の謎 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント