20111212 ソノダバンド「疾走」リリースLIVE@赤坂BLITZ

興奮状態で会場を出て、電車に乗った帰り道。
あ、今日はもしかしてセットリスト貼り出しあったのかな…
楽しかったのは覚えてるけど曲あんまり思い出せない!

って思ったら、園田くんがブログにセットリストを!
セットリスト眺めて、しみじみ素敵なライブだった、と振り返る。

曲が良かったのはもちろん、客を煽って、盛り上げて、
っていうのがケタ違いにかっこよくなってた。

ギターを弾く赤股くんの肩に熱田くんが手をかけてみたり、
赤股くんと牧瀬くんが煽りあいながら演奏してみたり。
左右のお立ち台も最大活用!
園田&牧瀬のムーンウォークとか。

ちょっと目を離したら、あれ、橋本くんがいない?具合でも悪くなった?
って思って探したら、お立ち台にチェロのせて立ち演奏してた!とか。

「生きる」で園田くんが腕ワイパー煽る。
ワイパーしながらキーボードから離れて、下手から上手に歩く!
これはキーボーディストとしては珍しいステージングだと感心(笑)

「Royal Straight Flush」~まだ名前のない新曲の流れも最高だった。
どっちも好み曲。
曲の始まりで赤股くんがセンターでがしがし弾いてたのは
この新曲だったっけなぁ…うろ覚え。
あれ、かっこよかった~!

この2曲は園田くんがギターを持つ。
市松模様のストラップに渋い色のレスポール、
かっこいいギターだな、って思ってたら
エアロスミスのジョー・ペリーモデル(…の廉価版)なんだとか。

まだ名前のない新曲、とのことだけど、
にじみ出るジョー・ペリーへの憧れが印象的過ぎたので、
今後、どんなタイトルがついても、
私は心の中であの曲を「ジョー・ペリー」と呼び続けると思います(笑)

でも、ジョー・ソノダ(笑)は
私がいる場所から遠いほうでずっとギター弾いてたので、
実は私は、目の前の赤股くんと熱田くんの並んで演奏する姿を見て
盛り上がってたんだけどね。
なんかこのツーショット、いい!

あとショルキーの水玉ストラップもかわいいな…とか思った。

他にも「Soul River」でハートや星型のカードが降るとか、
「雪の子ども」で雪が降る、なんて演出も。
定番だけど、やっぱりこういうの、ぐっと来ちゃう。


最後の「よいお年を」の言葉は嬉しいような悲しいような。
私が今年、彼らのライブ見れるのは最後なんだな、と。
次の予定も未定だよ…

想像以上にソノダバンドは赤坂BLITZが似合っていた。
椅子のあるホールか、もっと小さいライブハウスでしか
見たことがなかったから、イメージできなかった。

もっと大きい会場でライブをできるようになることが
目指すところではあるんだろうけど。
あのくらいのサイズの会場で見れるのが、客としては幸せだよねぇ…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0