20131110 sonodaband Live Tour 2013「巡」@仙台darwin

【曲目や演出、ネタバレしてるのでお嫌な方は見ないでね!】







sonodaband Live Tour 2013 ~from north to south~「巡」


11月10日、日曜日。
私は前日に一関でライブを見て、仙台に一泊して迎える。
せっかくなので、午前中は伊達政宗が葬られている瑞鳳殿を
お散歩したりして仙台を満喫しつつ、darwinへ。

今回のツアー、初日の札幌公演に続いて2日目が仙台。
もちろん、私はこの日が初。
会場には椅子が並んでいる。
たまたま空いていたキーボード前の席を確保。

メンバーの衣装が、みんなどこかにえんじ色が入っていて
揃え方がオサレだわぁ、と思っていたら、
最初のMCで園田くんから解説が。
初日の札幌とは違う衣装だそうで、
日本一を祝して楽天のユニホームをイメージして、とのこと!

園田くんは、えんじの花柄のシャツに白いパンツ。赤い靴下。
はっしーは、えんじのスカーフ(暑かったのか、途中で取ってた(^^;)
赤股くんは、長袖の赤いシャツ。暑いけど脱げない…って言ってた。
小山田くんは、赤のチェックのシャツに緑のパンツで、
夏のユニフォームをイメージして…と言ってた。

野球に疎いんでよくわからなかったんだけど、
調べてみたら↓こういうことだったのね。

夏季着用企画ユニフォーム【TOHOKU GREEN】を発表!


そうそう、いつもMCは園田くんがやっているのだけど、
この日は、赤股くん、はっしー、熱田くんが!
いいわねぇ、こういう新機軸。
とくに熱田くんがもう最高で(笑)
客席に向かって普通のトーンで「楽しんでますか」「いえー」
するといきなり「声が小せぇぇ~!」と叫ぶ!煽る!
他のメンバー爆笑。
何回か「まだ小せぇ!」とかコール&レスポンスしたかと思うと
「上海午前零時っ!」って叫ぶ!
勢いでここまで座ってた客席が立ち上がる!


----

はしれ、はしれ
Reflections
Flying Express II
ぼくのスウィング
float
悲しい太陽
上陸セヨ
Royal Straight Flush
Lisette
光、透明、または情熱
NAZO(仮)
上海午前零時
night / games
出たとこ勝負
Soul River
生きる

-enc-
夜明けの唄
火の玉

----


今になって振り返ると、立ち上がったのは上海からだから
そんなに立って見てはいないんだなぁ…
「夜明けの唄」では、一旦座ったし。
でも終わったときは汗だくで、そのまま電車乗るのが
憚られるくらいだった記憶。

「夜明けの唄」は11月1日に小林幸子さんとやったライブで
ソノダバンドがインストでやった岩谷時子さんの曲。
チェロがめっちゃかっこよい曲で、また聴けて嬉しかった。

セットリストについては、札幌では多少曲順が入れ替わってるのと、
「出たとこ勝負」がなくて「The Coast Session」やったらしいです。
これからどうなるのかなぁ♪

どの曲だったか、演奏中に熱田くんと牧瀬くんの目ヂカラ対決おがみました。
今回は上手側に赤股くん、真ん中にドラム、下手側に牧瀬くんなので、
熱田くんと牧瀬くんの対決が私のいた側で見れたのです。

何よりも、鍵盤弾きながら、ニコニコと会場を見渡す
園田くんの様子が、幸せそうで、忘れられず。
たぶん楽しすぎて「生きる」のワイパー煽り、忘れてた(笑)

ソノダバンド、今までもツアーごとに一段ずつ階段上ってたところを
今回は二段とばしで上った感じ。
楽しいよなぁ、こういうバンドを見ていられるのって。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0