20180908 高崎音楽祭 ゴスペラーズ ビッグバンドコンサート@群馬音楽センター

ゴスペラーズ ビッグバンドコンサート - 第29回 高崎音楽祭

GBB(ゴスペラーズビッグバンド … バンドマスター:笹路正徳(高崎市出身)/Piano:笹路正徳/Drums:大槻"kalta"英宣/Guitar:天野清継/Bass:バカボン鈴木/Trumpet:ルイス・バジェ、奥村 晶、菅家隆介、二井田ひとみ/Trombone:村田陽一、宮内岳太郎、半田信英/Bass Trombone:朝里勝久/Saxophone:近藤和彦、吉田 治、庵原良司、鈴木 圭、竹村直哉)

1, 2, 3 for 5
いろは
八月の鯨
星屑の街
ミモザ
言葉にすれば
In This Room
True Colors
Isn't She Lovely
(Sweetest Angel)
証城寺の狸囃子
大きな栗の木の下で
こういう曲調好き
ヒカリ
Sing
!!!!!
Fly me to the disco ball
愛の歌
狂詩曲
永遠に
あたらしい世界

-enc-
ひとり
約束の季節

この日の私の視線奪われ度合い。
ゴス50%
庵原さん20%
サックスチーム10%
大槻カルタさん10%
全体10%
…というわけでビッグバンド公演はあちこち見たくて大変。

特にサックスチームについ夢中になってしまった。
ちょっと目を離すと楽器持ち替えてるんだもの。
曲によってテナー、バリトン、ソプラノ、フルート。
見逃せない。

「星屑の街」のアレンジが素敵だった。
フルートの存在感に圧倒されたかと思えば
アカペラだけの部分もあったり。さすが笹路さん。
「約束の季節」のフルートもとても良くて。
日頃のいろいろな疲れを忘れて、
自分もフルート習おうかなとか
前向きな気分になれるような最高の公演でした。

MCで10月発売のアルバムの話になり
収録曲から「Sweetest Angel」をアカペラで。
アカペラ曲じゃないものをアレンジもしないで
ただアカペラで歌うなんてヒドいね、と
てつやさんは言ってたけど、そのレア感は
マニアはたまらないのですよ。大喜び。

「証城寺の狸囃子」
「大きな栗の木の下で」
踊り?おゆうぎ?みたいなのが歌全体についてるの。
でも私は「木の下で~♪」の部分の動きしか身についてなくて。
きっとこれをやらされた幼稚園とかの頃から私は
身体能力、というか他人の動きを覚えて真似する能力が低くて
追いつけなかったんだろうなぁ…と切なくなった。

ほんとにゴスはトークも息があってて安心して見てられる。
1年前の話を完全に忘れて「初耳!」って新鮮に驚く人もいるけど(笑)
「群馬ではもんじゃにかき氷のシロップをかける」って
てつやさんが言い出したのに「えぇっ」って
新鮮に驚くヤスに大笑いした。
てつやさんもなんだか楽しそうで時々反応がおかしくて
酒井さんに「おまえ村上じゃないな?さては狸が化けているな?」
と言われる始末。

あんなかっこいい音楽の合間にたっぷりのMCでおなかいっぱい。