20190310 北山陽一ソロライヴ2019"復学A"@日本橋三井ホール

北山陽一(Vo)
柴田敏孝(Key) / Tomo Kanno(Dr) / 吉田サトシ(Gt) / 森 多聞(Bs) / 植松陽介(Cho)
START 1st 16:00 / 2nd 19:00

1日2公演のうちの1stに行ってまいりました。

キタヤマニアじゃないんで、
いつも北山さんソロいつも激戦だからチケット取ろうともせず、
バンドメンバーまでチェックしてなかったんだけど。
昨年の年末に届いたファンクラブ会報をゆるふわっと開封したら!
北山さんソロのキーボード、トシさんなの?

先行発売のお知らせだけなじゃくリハーサルの記事まで載ってるよ。
えっ、北山さんソロのバンマスって初回からトシさんだったの?
なんて言ってたらキタヤマニアの友達に呆れられたけれど。

9月の中洲ジャズで、たまたま見たステージで
弾いていたのを見かけて以来、気になってしょうがない方。

中洲ジャズで初めてと思ってたけど、
だいぶ前にトシさん観てるんだ…
HumanNatureをカバーした時の北山さんソロ行ったよ私…
って思って見返したら本当にトシさんいた…

20090910北山陽一ライヴ “九月入学”2nd stage@Motion Blue YOKOHAMA

△北山陽一初ライヴ『九月入学』@モーション・ブルー | 吉岡正晴のソウル・サーチン

その頃、今ほどバンドさんとか気にしてなかったし(笑)

そんないろんなことを考えながら開演を迎える。
最初の1曲はバンドだけでインスト曲、そして北山さん登場。


Shall we dance
シマダチ
ひまわりの約束(秦基博)
astro note
エンドロール
会いたいのに眠たい(植松陽介)
明日に架ける橋(Simon & Garfunkel)
あたらしい世界~月光~五時までに~星屑の街
Remenber
今日が終わる前に


アンコールなしのシンプルな構成。
あんなにバンドメンバー(主にトシさん)としゃべって
和気あいあいとやるとは思ってなかった(笑)
ほっこりリラックスして見れました。
仲良しなんだねぇ。
「On keyboard、ロン毛!」でメンバー紹介終わらせかねなかった(笑)

冒頭からやたら「幸せ」と言いまくる北山さん。
初めてソロをやったのは10年前。
病気をしてブランクがあったりもしたけど、
またこうやってソロライヴをできるのは本当に幸せで…
という話を聞いて納得。

北山さんのファンの皆さんは、とても大人しく上品。
一番観客のリアクションが大きかったのは、
「髪のお手入れは?」と問われたトシさんの
「特に何もしてないんですよ」の一言に対するざわめき(笑)

「Remenber」は北山さんとトシさんとの共作とのこと。
その曲を作った時のエピソードの話がすごかった。
初めてのソロライブの頃の話だったのかな。
北山さんの家にトシさんが来て、作業しようとするんだけど、
トシさんがそわそわ落ち着かない様子。
聞いたら子どもが生まれて数日だとかいうことで。
「今日じゃなくてもいいよ!帰りなよ!」
「いや、せっかく来たからやろうよ」なんて言いながら、
じゃぁその子への想いを曲にこめよう、と作ったという。

この話を衝撃的なひとことで台無しにするトシさんもすごかった(笑)

選曲もよかったし、MCも楽しかったし、
かなり満足度の高いライブでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0