20191130 ソノダオーケストラ2nd Concert~演ります!録ります!~@TOKYO FM ホール

Piano, Synthesizer 園田涼、Flute 石井希衣、Oboe 副田真之介、Sax Juny-a、Trumpet 吉澤達彦、Horn 稲田枝里子、Violin I 島田光理、Violin II 名倉主、Viola 世川すみれ、Cello 大浦萌、Guitar 大月文太、Bass 小林修己、Drums 山内陽一朗

13人揃ったソノダオーケストラは2018年5月のコンサート以来1年半ぶり!
既に幻のバンドみたいな感じ。

10月の“ON & OFF”で配られたフライヤーで今回のメンバーが前回と違うことに気づく。
そのふんわり感がソノダオーケストラなんだろうな、きっと。
スケジュール合わせるの大変だろうし。

発表されてから約2か月、めちゃくちゃ楽しみにしてたのに、風邪気味。
発作的な苦しい咳。
今回はライブレコーディングをするっていうのに咳の音が入っちゃまずい。
と困っていると、知り合いが咳止めシロップを勧めてくれた。
当日に飲んだら驚くほど効いた!
絶対ライブに行くんだ、という気合いも効いたのかもしれない。


-1st-
幻想即興曲 (Pf,Ba,Dr)
Vertigo (Pf,Ba,Dr,Sax,Trp)
G.T.D.S (Pf,Ba,Dr,Sax,Trp)
10月の女たち (Pf,Fl,Ob)
ワルツ Op.64-2 (Pf,Vn.1,Vn.2,Vla,Vc)
迷い猫のワルツ (Pf,Vn.1,Vn.2,Vla,Vc)

-2nd-
チョコレートのための前奏曲
CRAZY GROUND
No.1 Party Anthem
Endless Summer
Gem in the Night
Baby Be Mine
エリーゼのために×TAKE FIVE
Badinerie(Bach)×Tico Tico

-enc.-
幻想即興曲
MICHELANGELO


園田くんは第1部はピアノだけ。第2部からシンセが登場。
第1部はピアノ、ベース、ドラムの幻想即興曲に始まり、楽器編成を曲ごとに変えていく。

最初は緊張気味な様子だった園田くんも「G.T.D.S」を弾き終えた頃にはだいぶリラックスした印象。
この曲、久しぶりで楽しかった。
ピアノトリオでツアーやってた時とかによくやってた。

「10月の女たち」は選曲の時に減らそうかと迷ったけど、副田くんがインスタでこの曲大好きと書いてたので削るわけにいかなくなったって話。
副田くんに感謝。

第1部の後半で登場したストリングスのメンバーに
「ライブレコーディングだからね!失敗は許されないからね!(笑)」
とか先輩風ふかせて圧をかける園田くんの姿に笑った。
自分だってついさっきまで緊張してたくせに(笑)

第2部になり、やっと13人勢ぞろい!
…と思ったら、いったん登場したベースの小林くんがすぐに舞台袖に戻る。
楽器をを忘れてしまったようです(笑)
なにその大物感(笑)

いろんな編成を楽しめた第1部も楽しかったけど、やっぱり13人の音の厚みは良い。
とてつもなく贅沢。
園田くんはアレンジするの大変だったろうけど、それぞれの曲をイメージした編成で再現してくれる息のあった仲間がいるってすごい幸せなんだろうなぁ。

大好きな「Endless Summer」でを13人編成で聴けたの嬉しかった。
園田くんが小林くんに、この曲は弓でコントラバスを弾いてほしいと頼んだら
「都内 コントラバス レッスン」
で検索してレッスンしてくれるところを探したらしいです(笑)
すらっと背が高いから、コントラバス持つ姿、映える。

アンコール、最後の曲はまさかの「ソノダ合唱団」
江國さんが「MICHELANGELO」をお知り合いに頼んでコーラスアレンジしたとのことで。
ソプラノ、メゾソプラノ、テノール、バスの混声合唱。
さすがミュージシャン集団。とても心に響く。
なぜか園田くんはメゾソプラノ担当。

男性はシャツ、女性はワンピースのお揃いの衣装もよかった!
w/ というブランドのだそうです。


とても素晴らしいライブレコーディングができたはず。
その音源をCDにして発売記念ライブをまたやってくれますように。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0