トプカプ宮殿の至宝展

東京都美術館に行ってきました。
トプカプ宮殿の至宝展】を見に。

なんでこんなのに急に行ったかというと
TOPKAPIという雑貨のお店が好きだから、という理由で気になって。単純。

そういうわけでトプカプ宮殿についてはなんの基礎知識もなく入場。
オスマン帝国とか、世界史の授業で聞いたようなキーワードが出てきた。
あー、こんなに凄い勢力だったのか…。
世界史キライでした。中2の時の担当のセンセイが(笑)
だから全く理解してないのです。世界史。勉強になりました。

それを基礎知識として。歴史展ではなく「至宝展」ですから。

5cm×4cmのエメラルドがついたターバン飾りとか
宝石だらけの金の食器とか
宝石だらけの金のベルトとか
宝石だらけの金のゆりかごとか

ルパンが盗みに来そうなものが続々と出てきます。
次々出てきて感覚が麻痺してきます。
宝石が一個ついているだけじゃ貧相に見えてきます。
こんなにテンションがあがる美術展はなかなかないです。

あの頃、こういうの見せてくれたら世界史も好きになったかもしれないのに。

"トプカプ宮殿の至宝展"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: