アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
あすのかて
ブログ紹介
本のネタばれはしない主義。ライブのネタばれはしちゃう主義。ご注意を。
zoom RSS

20171009高崎音楽祭2017 ゴスペラーズ ビッグバンドコンサート@群馬音楽センター

2017/10/28 10:57
2年連続の高崎音楽祭。
昨年の楽しすぎた記憶を胸に。
高崎に在来線で向かうと、母の故郷のあたりを通過するので、
懐かしいような、なんとも素直な気持ちになる。
母は高崎の高校に通っていたらしいのでそんなことも想う。

ロビーのタペストリーに17人のビッグバンドメンバーの名前も
ずらっと書いてあるところが素敵。

SING!!!!!
Fly me to the disco ball
いろは
ミモザ
約束の季節
あたらしい世界
True Colors
After the love has gone
あの鐘を鳴らすのはあなた
未来
ひとり
Liquid Sky
Silent Blue
残照
傘をあげる
1, 2, 3 for 5
終わらない世界
GOSWING
狂詩曲
街角
-enc-
Stand By Me
言葉にすれば


セトリだけ眺めても私の好きな曲だらけで…!
Silent Blue〜残照の流れ、最高すぎた。
ビッグバンド似合いすぎて大興奮。ナイス選曲。

「『傘をあげる』は昔、客席におりてパラソルチョコ配ったよなぁ…」
「そう、こうやって!」
…とさっとステージから客席に飛び降りて、ちょっと歩いて、
さっと飛び上がって戻れる身体を持ってるヤスがかっこよすぎて(笑)
「あの時はすっごい触られたけどもう誰も触りませんね、皆さん大人になりましたね」
いや、私達が前の方の席だったら触ったよ!←なんのフォロー

シンガポール公演の思い出話とかも楽しかったし。
(すごく美味しいお店に1人で行ってた北山さんが「なんで誘ってくれないの?」って責められる)
何年ぶりかに突然てつこが登場したりしたし。
MCも楽しかった〜。

ステージ上手側だったのでついついホーンの方々に目を奪われ。
あ!ゴスも観なきゃ、って思うとその後ろにいる笹路さんに目を奪われ。
そしてゴスも5人もいるし。もう目も耳もとても忙しかった。

昨年の高崎音楽祭はバンマス笹路さんの印象が強かったけど、
今日はピアニスト笹路さんに目を奪われる。
Liquid Skyすごくよかったし、GOSWING〜狂詩曲の流れも最高すぎた。
GOSWINGにそんなピアノのフレーズつっこむ?っていう。さすが。

昨年は「ゴスペラーズとビッグバンド」だったのが、
今年は一体になった見事なライブだったねぇ、と終演後に友達と語りあう。
あとは昨年は5人揃った感動が熱すぎたのもあってね。
今年はやっと冷静に客観的に音楽的なすばらしさを噛みしめられた感じがした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


20170929 THE CIRCUS! -エピソード1 ザ・コア-@よみうり大手町ホール

2017/10/27 20:17
昨年の【エピソード0】に続く、エピソード1。
9月24日から1か月、東京・愛知、大阪・福岡の公演。
公演実施の発表と共に「音楽:RYO SONODA」も発表され。
ぴあ先行でチケットを確保。

公演の最初に登場したスワンが、
客席を右から左へ見渡した瞬間をたまたま見てしまって、
その瞬間になんか「きゃー」ってなっちゃったり…
昨年も見てたのになぜ急に?(笑)

ロビーに「〇〇様 ファンより」ってお花が
たくさん置いてあって驚いたり。
そういう文化があるのねぇ。

昨年は、個人的にあの速いテンポと世界観に
追いつけない感じがあったんだけど。
今年は開演前にパンフレット熟読したこともあってしっかり楽しめた。

激しい動きとセリフとがテンポよく続く中で
ぴったりと寄り添う音楽を作るのは、そりゃ大変だよなぁ…
と思いながら楽しんできました。
「あなたについての100のこと」がBGMになっているシーンが
あってニヤリとしたり。

音楽は、作曲、アレンジ、演奏、ミックスまで全て
園田くんが自宅スタジオでやってるそうで。
彼の作るビート効いた音楽聴ける機会ってなかなか貴重なので心躍る。
ギター演奏はジュノバンドでおなじみ香取真人くんだそうで。
そんなことにもときめいたりして。

公演が終わると、2018年に【エピソード2】が上演されることが発表。
きっとまた音楽も園田くんよね。と期待。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


20170923 Ryo Sonoda Solo Piano@大塚Greco

2017/10/08 11:15
東京では久しぶりのソロピアノ。
この会場でやるのは初めて。

-1st-
Mambo Inn
273マイル
'Tis Autumn
夜の卵
産声
Summertime
Romance
Armando's Rhumba(チックコリア)

-2st-
うらぎりものたち
スパルタカス愛のテーマ
I Get Along Without You Very Well
Tea for Two
City Lights
nationalism
La Fiesta(チックコリア)

-enc-
幻想曲(モーツァルト)
You are so boring!

住宅街の中の2階建てのおうちの一室のような。
とても素敵な会場でした。
「ミュージカル開幕直前の曲の最終調整で
疲れている自分を癒すつもりで弾きます…」って
言ってたからこちらも癒されたのかなぁ。
近い距離で密度が濃かった。

アンコールのモーツアルトの幻想曲は
小学校の時に発表会で上手い子に出会って
衝撃を受けたという思い出の曲。
来年、須藤千晴さんとダブルピアノコンサートをすることになり
モーツァルトの2台ピアノのためのソナタを弾くことになって
思い出したとか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


20170922 はなわちえLive2017「十二単 〜北欧旅情編〜」@中目黒FJ's

2017/10/07 20:33
出演:hanamas(はなわちえ/津軽三味線、沖増菜摘/vn)
園田涼(pf)

なんだか園田くんの演奏聴きに行こうとすると雨多い気がする…
仕事が終わって横浜から電車に乗るまでに豪雨に遭い、
電車と一緒に豪雨の雲が北上してしまったようで。
祐天寺駅からしばらく豪雨の中を歩いて到着。
FJ'sは初めて行ったのだけどとっても素敵なとこだった。
行きも帰りも迷ったけど。。。

到着順入場だから早く行こうと思ったのに
豪雨で電車遅れ&道に迷って開場時間に間に合わなくて。
でも結果的にピアノ側の端っこの席座れたし、
後ろの方だったから何も気にせず園田くんガン見できてよかった(笑)

北欧旅情編だからイギリス曲多くて楽しかった。
Please Please MeとかSMOKE ON THE WATERとか
メジャーな曲弾く園田くんって、
はなわさんとこでしか観れないからレア。

あとは、はなわさんとこでは寡黙キャラを目指してるのか、
話振られてもいっさい喋らない園田くんもレア(笑)

セトリやお写真は、はなわさん御本人のブログに…!

園田くんのNight Birdsのピアノかっこいい!って
演奏してたはなわさんも思うくらいだったのね。
本当にすごかった。
shakatakのこの曲、ピアノソロ始まりでやったの、すっごいかっこよかったー!
ソロピアノでアレンジしてやってくれたらいいのに!
園田くんこういうどメジャーな曲あんまりカバーしないもんなぁ。

お店の雰囲気にくつろぎつつ、素敵な演奏に震える最高の時間でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


20170917 Ryo Sonoda Solo Piano@PIA Julien

2017/10/01 20:26
はなわさんの2daysが発表されて関西旅を手配した後に
園田くんのソロピアノ&Special Session@SONEが発表されて。
仕事の都合でソネには行けないけど
それでも園田くん3daysだ!と浮かれ旅。

台風接近の予報はどこへやら、の晴れ間さえ見える空。
風雨がライブのBGMにならなくてよかった。

-1st-
Mambo Inn
273マイル
'Tis Autumn
夜の卵
産声
Three Circles
Armando's Rhumba

-2st-
うらぎりものたち
スパルタカス愛のテーマ
I Get Along Without You Very Well
Tea for Two
City Lights
nationalism
La Fiesta

-enc-
You are so boring!


昼下がりのコンサート、優しく進むかと思ったら
後半に激しさを増して終わる。

10月のソノダオーケストラ公演の前の日に灘校のイベントに出ること、
高校の文化祭で校歌を6人編成のバンドでアレンジして演奏したの思い出して、
またやっちゃおうかな、その校歌の後にやったのが
チック・コリアのこの曲で、という紹介からの「La Fiesta」
そしてアンコールの「You are so boring!」
いつも以上に高速だったような気が。

高校時代の話をしたから白熱したのかな、と
御本人Twitterでつぶやいてらっしゃいました。

この会場でのコンサートはいつもそうやって神戸時代を思い出して
リラックスしているような気がして。

この日はMCでも「とてもリラックスしてる」と言ってて。
それは「THE CIRCUS!」の曲直し生活が2週間くらい続いてるんだけど
「関西にいる間は対応できません!」て言ってきたから、って(笑)

大きな会場だと反響しちゃってイヤモニしてるから、
自分ではピアノの音も会場の歓声も生で聞こえなくて、
こうやって生ピアノを感じられるのはいいもんだなぁ、
なんてこともおっしゃってました。

贅沢3日間を終えて、そのまま横浜に帰る。
なんとか雨には逢わずに駅についたけど、
どんより曇り空。
嵐が来るのか来ないのかのもやもや。不安を取り除いてくれるのはやっぱり音楽ね。
ソノダバンド&園田涼プレイリストで安らぎながら新幹線を待つ。
途中で強風で10分くらい止まりましたが、無事に横浜に帰りました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


20170916 ChieHanawaTour"Hello,World"@兵庫・御影 世良美術館

2017/10/01 18:42
関西遠征2日目。
大阪から御影への移動について
「阪神だっけ?阪急だっけ?」と少し怪しげな私に
「阪急の1番左のホームに乗りなさい」と丁寧に教えてくださった
ミスターケリーズで隣の席にいた方に感謝。
路線が3つもあるのね…!

って感じでよろよろと雨の中たどりついた住宅街の中の美術館。
素敵な会場でのサロンコンサート。

世良美術館レンタルスペース

9/16 はなわちえ(津軽三味線)×園田涼(ピアノ)

はなわさんも「なんだか高貴ですね…園田さんこの会場お似合いですね…」
そう、園田さん、いつもお育ちの良さがにじみ出ているのだけど、
iPadの譜めくりペダルが入ってた袋をピアノの脇に隠しちゃうとか
それ本番前にやっといてください、みたいな
自由さも時々にじんでしまっています…

前日とセットリストは似ていたけれど、曲数少な目?
休憩なしの90分、昼下がりのコンサートでした。

神戸の陣!|津軽三味線奏者 はなわちえ オフィシャルブログ

終演後、友達に連れられて会場の近くの弓弦羽神社へ。
雨の神社の趣き。
某ゆずるさんという名のアスリートやサッカーファンが
多数祈願に訪れるそうですよ。
サッカーボール型の御影石の像は回転式。

御影ダンケでバターブレンドコーヒーとケーゼクーヘンをお供におしゃべりして。
夜はなぜか神戸で土佐の味。宿毛ぶり藁焼きたたき、美味しかった。
焼酎は都佐をセレクト。酔鯨の酒造が作ってる米焼酎だって。

この日の夜の三宮のホテルがなかなか空いてなかったのだけど、
翌日に開港150周年のイベントがあったからのようです。
しかし、そのイベントも台風接近の予報に伴い中止になったとか。
私が関西に行くと台風接近というの、今年2回目…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


20170915 ChieHanawaTour2017"Hello, World"@ミスターケリーズ

2017/09/29 22:51
はなわさんと園田くんのデュオ、とても良いのです。
だからこの予定を知ったとき、迷わず関西遠征を決意。
アイスクリームTシャツでリハに臨む姿にわくわくしたりと
楽しみに当日を迎える。

予約時に整理番号も言われなかったから
到着順の自由席なのかと、
はりきって開場時間に会場に乗り込んだらまさかの指定席。
でもピアノから1mくらいのとこに案内していただいた…
とても特等席でした。
あと牛フィレカツサンド、美味しかった!

ジャズクラブみたいな雰囲気の会場で津軽三味線を聴く不思議。
それにしてもはなわさんの演奏はロックだよなぁ。
ジャンルとか、もうどうでもよくなる。
「剣の舞」から「ノルウェイの森」から「チャルダッシュ」から「Spain」。。。
茨城県の民謡「磯節」も印象的だった。
曲紹介に続いて始まったピアノ演奏がとても艶やかでねぇ。
民謡と紹介されての思い込みとつながらない印象の演奏が始まって
度肝抜かれたのだよ。
いつも同じこと言ってるけどさー。
良いんだよねー。園田くんのピアノ。
行き着くとこまで行き着いて結局これしか言えない。

はなわさんはCDジャケットの衣装。素敵。
終演後にサインしてもらう時に衣装のこといろいろ聞いちゃった。
この日のご本人のブログ『大坂の陣』

「知的ピアニストはリハと違うことちょいちょい仕掛けてくるから…」
と大変楽しそうなデュオでありました(´ω`)
はなわさん迷言「そのちゃん、怪獣みたいなピアノ弾くよね」
園田ざんまい旅の初日から神席で濃すぎて満足しすぎてどうなることやら。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

あすのかて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる