あすのかて

アクセスカウンタ

zoom RSS JUNHO (From 2PM) Solo Tour 2016 "HYPER"

<<   作成日時 : 2016/08/27 11:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

・7月9日 Zepp Namba
・7月10日 Zepp Namba
・7月15日 Zepp Nagoya
・8月13日 Zepp Sapporo
・8月24日 国立代々木競技場第一体育館
・8月25日 国立代々木競技場第一体育館

大阪3日、名古屋2日、福岡2日、札幌2日、代々木2日の全11公演。
気がついたら6公演行ってしまった(笑)
だってあまりにも昨年のツアーの園田くんが楽しそうだったんだもの。
私もジュノのこと好きになっちゃったんだもの。

とはいえ、バンドメンバーは事前には告知されないので、
ライブに行くことを決めたもののちょっと不安で。
ツアー初日に「この4人の男たちが再び結集した…」と
嬉しげに発信する園田くんのTwitterでを見て安心して大阪2日目へ。

会場に入るといつも私はステージ上のキーボードを探して
それが見やすい位置を立ち位置に定めるのですが。
入ってみると楽器がない!
どういうこと?と混乱しつつも、
初日に行った友達が「バンドは昨年と同じ配置だよ」って言ってたし、
まぁなんとなくこの辺かな、って立ってみる。

ライブが始まって、ジュノとダンサーさんにわくわくしつつも
バンド出てこない…ステージ上手側の袖に
にかちゃんがいて弾いてるっぽいけど…?と思ってたら
4曲目の「So many girls」でステージ袖の左右から
すーっとバンドさんが乗っている台が登場(笑)

しかし、女性ダンサーさんが入っている透明なケースが
ちょうど園田くんの真ん前でチラチラとしか見えない!
セクシーに踊るダンサーさんの後ろでなんだかチラリズムだけど!
何このお預け状態!
やっと5曲目「Nobody Else」ですっきり園田くんが見える。

名古屋からは、もはや「So many girls」でも舞台袖で
「Nobody Else」からやっとバンドさん登場。
大阪の会場よりステージが狭いから?と思ったけど、
代々木でも結局5曲目からの登場だったよ(´;ω;`)
ステージ広い代々木では最初から出してくれてもいいのに…

遠くてよく見えないけど、園田くんはなんだか黒くて網々のお衣装?
にかちゃんは長袖というのが衝撃。

昨年のLAST NIGHTツアーは
「今までと違う姿を」というテーマに沿って
ちょっと緊張感漂う印象もあったけれど、
HYPERツアーはとにかく素直に楽しもう!という印象。
「Pressure」「INSANE」とか
昨年のツアーで聴いた曲もまた違って聴こえたり。
セットリスト、演出で変わるものなのね。

今年のアルバムの曲も当然とても楽しく。
「HYPER」は、サビ前までは園田くんが
ちょっと手持ち無沙汰そうに体を揺らしていて、
サビになるとすごい盛り上がるのがとても好き(笑)
あと「Don't tease me」のじたばたとか。

華やかに踊って、熱唱して、客席に心を開いて話しかけ、
ダンサーやバンドメンバーをいじる遊び心を見せ…
ホントに良いわぁ。ジュノ。
何事にも真摯な人なんだなぁ、きっと。
ライブの企画にも、一緒に作り上げる仲間達にも、
目の前にいるお客さんにも。すごい。

札幌では、他の都市より会場が小さいから
メンバーの表情も見えるくらいのとってもいい場所で見れて。
ジュノが「キミの声」で園田くんとアイコンタクトして
腕あげてるの見て嬉しくて幸せで泣きそうになった.。゚+.(・∀・)゚+.゚

わたし的にツボだったのがMCでの「ready?」コーナー。
私が見に行った大阪2日目、
ジュノが各メンバーに突然「ready?」と問いかける。
本当にアドリブの急なフリだったようで、
ちょっとしたソロのフレーズで返す各メンバーだけど
すっかりシンセを次の曲にセッティングしちゃってた
園田くんは対応できず。
もう一度チャンスをもらって何か効果音出すも
「それキーボードの音じゃない!」とジュノにダメ出しされる…

3日目は覚悟してたのか幻想即興曲ワンフレーズ弾いてドヤ顔。
次の公演の名古屋でも幻想即興曲(しかも他のメンバーも合流)弾いたら
今度は「それ大阪と同じですよね」ってダメ出し(笑)
ドSのジュノ。

「明日はなんか違うのにしてね」ってジュノが言ったのに対して
園田くん韓国語で「ケンチャナヨ(大丈夫)」って。

翌日以降に行った友達に聞いたところ、
ジュノの曲をワンフレーズ日替わりで弾くようになって、
そのうちジュノも歌ってくれるようになって、
結果的に1曲オマケがつくような感じになったようで(笑)

代々木はちゃんと園田くん見れる席になるかドキドキだったけど、
センターステージのキーボード位置のちょうど横のスタンド席で
私としては最高のお席でした。

鍵盤2段がさねじゃなくてV字配置なの珍しい。
客席見ながら煽る。アリーナ席の人、いいなー。

肉眼で見るか、スクリーンを見るかも忙しく。
「SAY YES」の間奏のギターソロではスクリーン見てて正解。
香取くん越しのジュノ越しの園田くん!
カメラアングルが素敵すぎて、カメラマンさんと
それをスクリーンに映したスタッフさんに拍手。

「キミの声」もね。エアギターしてエアドラムして
ジャンプして拳あげて。
エアギターした時、タイミング悪くバンメンが
園田くんの方見てなくってちょっと寂しそうに見えた(笑)
ぴょんぴょん飛びながらも譜面めくったり
ちゃんとおしごとしてるのに萌え←

園田くんが楽しそうに弾いてるのを見るのが好きなんだ。
それだけなんだ。
だからピアノソロも、バンドスタイルも、楽しいんだ。
バンドスタイルだと、楽しい気持ちをその場で
飛んだり跳ねたりして現せるからますます楽しいんだ。
曲に合わせて体揺らしたりね。
盛り上がり曲たたみかけるとこのね、
ぴょんぴょん、腕あげ(弾かない時は両手)ね。

ジュノと、園田くんと、香取くんと、にかちゃんと、ひげちゃんと。
思い出して、またワクワクする。もはや完全に5人組のバンド。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
JUNHO (From 2PM) Solo Tour 2016 "HYPER" あすのかて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる