アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
あすのかて
ブログ紹介
本のネタばれはしない主義。ライブのネタばれはしちゃう主義。ご注意を。
zoom RSS

20190118 ゴスペラーズ坂ツアー2018〜2019“W2N2”@鎌倉芸術館

2019/01/19 20:05
ゴスペラーズ坂ツアー2018〜2019 “What The World Needs Now”@鎌倉芸術館


バンドメンバーの「いま必要なもの」
今日はキーボードの雄大くん。

雄大「台車」
北山「買えよ!」(すごい速さで冷たくツッコミ)

っていうのウケた(笑)

その冷たさにも動じることなく、
楽器を車に積み込むのにリフトで上げるようなのが
欲しいんですよ…
そんなのないと思ってたら、実はあって…
と語る雄大くんが微笑ましい。

↓こういうのですね。
Amazon.co.jp: toolsisland 油圧式リフトテーブル台車 積載能力150kg

「楽器は重いからねぇ…
 僕らなんてマイクだけだから!
 マイクより重いもの持ったことない!!」と
くるくるマイクを回すヤスに
「なんで回す!?」と噛みつく酒井さんもおもしろかった。

この話から「ないと思ってたもの」話に展開。
酒井さんが
「レコーディングの時に、身長差を自動的に調整してくれるマイク」
と言ったのに、今度はヤスが噛みつく(笑)

「そんなの、箱のるからいいです!
 箱なんてどこにでもあるから!
 なんならこの舞台袖にあるから!」

もう本当に話を膨らますのすごいなこの人たち。
いやもちろんお歌もすごいんですけど。

このツアー、17曲目の思い出が香る某お店の曲の
ピアノソロがとてもいいんです。

そして、個人的に体調が悪いと涙が出てしまって聴けない
曲があるんだけど、この日はなぜかそれをとても冷静に
幸せな気持ちで聴けたのでよかったです。

あと、この日は端っこ席だったのだけど、
20曲目の某盛り上がり曲で
ちょうど私の正面に北山さんが来たので
「この曲をリアルタイムで聴いてた頃、
わたし北山さんファンだったなぁ」って思い出しました。

そんな気持ちになってるところで、
北山さんのライブ最後の挨拶がすごかった。
4年前の脳腫瘍の術後のリハビリの時期に
1ヶ月ほど鎌倉に滞在してたとのことで。
よろよろ歩きながらオーガニックカフェに行ってた、
その時はもう歌うことに戻れると思ってなかった、
みたいな話で。

それを受けてリーダーも、
この5人で歌えていることに感謝したい、と挨拶。

あのころの4人のゴスペラーズは、
いちファンの私としては、今となっては貴重な思い出で。
その当時は心配も不安もあったけれど。
やっぱりそこで「4人でやろう!」って判断をするのが、
あのリーダーであり、あのメンバーであるのだな。

笑って、泣いて、幸せな気持ちになる公演でした。

終演後に友達と近くのお店に入って飲む。
いい日本酒もあって、おいしい肴もあって、
大当たりだった。
飲みながら、友達から別のボーカルグループの
解散のニュースを聴いたりして。

ゴスペラーズのこの日の最後の挨拶を思い出して
運命の歯車って本当に微妙なものなんだなぁと感じる。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


20190106 Ryu Miho The first session @JZ Brat

2019/01/12 19:12
Ryu Miho The first session -Birthday LIVE-

Ryu Miho(vo) 塩田哲嗣(b) 鈴木直人(g)
柴田敏孝(p) 横山和明(ds)

このメンバーでのライブは初めてとのことで
タイトルは「The first session」
三角関係 feat.三浦拓也きっかけで知った
ミホさん。
いつかワンマンに行ってみたいなぁと思ってたら
同じく気になってた柴田敏孝さんがピアノを弾く、と!
それは行かなきゃと予約していたのだけど。

後日ミホさんのブログのリハの記事
トランペットの千裕さんゲストを知り、大喜び。

会場に到着して指定席に座ると、
2月に発売の三角関係のアルバムのフライヤーも
テーブルに置かれていたりして。わくわく。

スペシャルカクテル「The first session」を
開演前に頼んでみる。
白ワイン、スーズ、ゆずシロップ、グレープフルーツジュース、
レモンジュース、ブルーキュラソーシロップ。
柑橘系で爽やかで苦味もあって。好き。
トーキョーのため息、って感じ(もうちょっと語彙はないのか笑)

もうねぇ…ミホさんの歌声は本当に素敵。
そしてピアノのトシさんもギターの方も素敵だったなぁ。
優しく歌うような音だった。

千裕さんゲストは2曲。
1曲目は「千裕さんのトランペットの音色を聴いてほしい」と
ミホさんが書き下ろしたという新曲。
ポップで楽しい曲だった。
もう1曲「二人の関係」はミホさんのボーカルが
すごくエモーショナルで惹きつけられた。

すごいシンガーなのに、MCがほんわかしているのが
また魅力的なミホさん。
「千裕さん、あの細い体であの太いトランペットの音…
どんな肺してるんでしょうね」と言いながら
胃のあたりを押さえている(笑)
それがなんかかわいくて、
観客もバンドさんもニヤニヤしてたら
その様子に気づいて
「あれ?違う?肺じゃなく横隔膜使うの?」とか
ますますよくわからない話になっていく(笑)

アンコールでミホさんサプライズで
バンドさんがHappyBirthday演奏。
それに合わせてケーキを持った店員さんと
マーチングバンドみたいにトランペット吹きながら
登場した千裕さんかわいかった。
もうミホさんと千裕さん見てるとニヤニヤが止まらなくて。

2019年最初のコンサート | リュウミホのちょっと一息

RyuMiho『The first session- Birthday LIVE』 | 山崎千裕オフィシャルブログ「チヒロード」
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


20181225 ゴスペラーズ坂ツアー2018〜2019“W2N2”@東京国際フォーラム

2018/12/30 21:20
ゴスペラーズ坂ツアー2018〜2019 “What The World Needs Now”

国際フォーラムホールA。
大きい大きいホールなのですが。
奇跡の16列目通路側。
ナイス我がチケット運。
快適なライブ鑑賞環境でございました。

やっぱりすごいわこの5人。
ってなるんですわ、ライブ行くと。
カレンダーは22、23、24日が連休。
25日は平日。普通に昼間は仕事。
なので、すっかりクリスマスなんて終わった気分だったんだけど。
今日までクリスマスだったんだね、ってライブに行って気づいた。

バンドメンバーの「いま必要としているもの」
今日はギターの拓也さん。
「一発芸」の話から、
酒井さんが「村上てつやのサインの真似」と言いだし
黒ぽん以外の4人が「村上てつやのサイン」を書いて
どれが本物かを黒ぽんが当てるという流れに。
こうやってすごい方向に話を展開させる技がすごいな…

あとは、私の好物の
「やることない時に踊るキーボーディスト」が見れました(笑)
雄大くんが「6人目のメンバーか?」みたいな立ち位置で
「太陽の5人」で全力でメンバーと一緒のフリしてた(笑)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


20181224 トーハク感謝DAY2018クリスマスコンサート@東京国立博物館

2018/12/30 20:27
Piano 園田涼、Flute 石井希衣、Oboe 副田真之介

12/23(日・祝)〜25(火)は「トーハク感謝DAY 2018」。
入場料無料なんですって!コンサートもあるんですって!
24日はソノダオーケストラミニ。
なんて素敵なクリスマスイブ。

Daiwa Sakura Aid presentsトーハク感謝DAY2018 クリスマスコンサート

11時からの1回目は本館大階段。
10時半ごろ本館に着いてみると、
ちょうどサウンドチェック中。
大階段の踊り場で演奏するのを下から見上げることになるらしい。
電子ピアノがセッティングされている。
看板とかで隠れずに見やすい位置を確保。

時間になって、まずは園田くんがひとりで登場。
1曲目はピアノソロで「White Christmas〜幻想即興曲」
通りすがりの人が足を止めたりしてるのが嬉しい。
2曲目以降はフルートきえちゃんとオーボエしんちゃん登場。

City Lights
Bossa Beguine(Oscar Peterson)
10月の女たち
Badinerie(Bach)×Tico Tico

重厚な建物に、ピアノとフルートとオーボエの響きが
とても似合っていた。
しもじもの者って感じで見上げておりました。
響き渡る音に包まれる感じで気持ちよかった。

友達と博物館の展示をいろいろ見て。
法隆寺宝物館のホテルオークラのレストランで
ビーフシチューを食べて。

15時からは平成館ラウンジで2回目のコンサート。
こちらはグランドピアノ!
観客いっぱい!

11時からの回と同じくまずは園田くんが
ひとりで登場してピアノソロ。
「サンタが街にやってくる〜天使の死」

いや、園田くんが「天使の死」好きなのはわかるけど(笑)
楽しいクリスマスムードを打ち破るこのメドレー、
たまらなくゾクゾクしました(笑)
2曲目以降は11時からの回と同じセットリスト。
午前中には見上げていた方々が目の前に…!
天上人が降りてきたかのようでした(笑)

あと、コンサートを聴き終わって、
サウンドチェックの時に園田くんが
「じゃリベルタンゴやるよ」って言って
管の2人が「えっ」ってびびってたのは
単なるパワハラだったんだな、と思いました…
結局セットリストになかった。。。

その数日後にカイロ行ったら
「いつもより首がこってる」って言われたのは
もしかして大階段コンサートを30分間見上げていたせいかな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


20181222 Ryo Sonoda Piano Solo@art cafe Friends

2018/12/29 13:23
園田くんが「今年の総括的なソロピアノコンサート」と告知。
東京でソロピアノ久しぶり!
1月のアートカフェは、半分ソロ、半分は桃斗くん&萌ちゃんとのトリオだったし。
完全なソロピアノは2017年9月の大塚グレコ以来…かな。

開演前に店員さんから「出演者の方からです」と
キャンディ入りクリスマスブーツ!
テーブルの上に置くと、一気にクリスマス気分が高まる。

キラキラする素材の衣装での登場にびっくり。
お似合いではあったけれども、
アートカフェの雰囲気で見るとちょっとびっくりする(笑)
自分でも話題にしていた…


(1st)
ミクロワルツ:0〜うらぎりものたち
Summertime
Romance
273マイル
スローモーション・キラーズ
ゴリウォーグのケークウォーク
幻想即興曲

(2nd)
The Christmas Song
Ain't Misbehavin'(浮気はやめた)
産声
こころをみせて
nationalism
Vertigo
天使の死

(enc.)
You are so boring!


アートカフェでじっくりピアノ聴けるの、やっぱりとても良い。
「Romance」から「スローモーション・キラーズ」の3曲、
MC入れずにオリジナル曲が続くのすごくよかった。
そのだワールド全開で。

「The Christmas Song」は、
「今年はあちこちでこの曲を弾いて…」と曲紹介していたけど、
私は園田くんの弾くこの曲、初めて聴きました。
クローズドのコンサートとかって多いんだろうなぁ。
聴きに行ける人いいなぁ…

MCではちゃんと今年をまとめて
来年の抱負を語る園田くん。
その真剣さに背筋が伸びて、
私も真面目に生きなきゃいかんなぁと思わされる。

「Vertigo」「天使の死」で激しいテンションで本編終わり。
アンコールで登場した園田くんは
さすがにその2曲で疲れたとつぶやきながらも
園田「アンコール、バラードと早いのどっちがいいですか」
観客「早いの!(即答)」
園田「…バラード弾くつもりだったんですけど(苦笑)」
ということで「You are so boring!」

テンションあがってほくほく。
オリジナル曲をたっぷり聴けて、
この1年間どころか4年間くらい振り返って
幸せな気持ちになるコンサートでした。

11月の神戸公演の時から念願だった
「ソノダオケグッズのクリアファイルに金ペンでサインしてもらう」
をこの日叶えてもらい、部屋に飾っている。
想像以上に上品かつ華やかだし、
コンサートを思い出しちゃうし、ひとりニヤニヤが止まらない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


20181221 Akasaka Biz Tower Winter Event

2018/12/23 11:27
Akasaka Biz Tower 10th Anniversary Winter Event

12月の上旬に、12月21日の夕刻に
Akasaka Biz Tower 1Fオフィスロビーでライブしますよ、っていう
ふんわりとしたお知らせがあり。

1週間前にやっと↓こんな情報が園田くんTwitterで告知。

17:30 1st 園田涼・大槻桃斗(Vn)・大浦萌(Vc)のトリオ
18:30 2nd 守永真彩さんとのデュオでジャズ
19:30 3rd パンデイロの名手・フランシス・シルヴァさんとのボサノバ

年末の平日の17:30って早すぎるよ…
間に合わないよ…と思いつつ。
それぞれはミニコンサートだけど、
園田くん普通のコンサートより大変そう…(笑)

仕事のため17:30の部にはさすがに間に合わず。
私がBiz Towerにつくとちょうど18:30の部が始まる。

守永真彩さんと園田くん、半年前くらいにラジオで共演して
そこでの「今度ぜひ一緒に演奏しましょう」が実現したそうで。

1曲目はタイトルわからなかったのだけど、
その後に「ウイスキーが、お好きでしょ」
「LAST CHRISTMAS」が続いたのは
ゴスマニア的にはわくわくしました。
そしてDesperado(The Eagles)、Fly me to the Moon、Cheek To Cheekと
ガラスの外の赤坂の夜の景色をバックにムーディーに。

ロビーではコーヒーの無料サービスまであって
のんびりほっこりした休憩時間の後に
フランシス・シルヴァさんと園田くん登場。

ボサノバのスタンダードを2曲。
オサレすぎる赤坂の夜。
バンデイロって、左手で皮を抑える具合によって
右手で叩いて出る音の音程を調節できるんだって。
演奏が始まって、ピアノとバンデイロの2人だけなのに
ベースの音が聞こえる気がしたのはそれだったのか。

それにしてもムーディに演奏した後にシルヴァさんったら
「この曲、空耳アワーみたいなところあるよ」とか、
突然おもしろいこと言い始めるからびっくり(笑)

バンデイロのレッスンもやってるそうで
「みなさん検索してレッスン来てね」と宣伝。
園田くんが「1回レッスン行くとこんな風に演奏できるんですか?」
「うーん20〜30年通えば...(笑)ボク儲かっちゃうね!」なんて
ちょいちょい茶目ってきて、あまりに不意打ちで爆笑。

園田くん選曲のCristal、そしてまたボサノバの曲が2曲で
楽しく終了。

Biz Towerの中のロビーにはクリスマスツリーがあったりして
クリスマス感が満載。
仕事で疲れた身体に園田くんのピアノが染み入って、
生きててよかったーって思いました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


20181207 & 08 Last Concert "JUNHO THE BEST"@日本武道館

2018/12/16 10:22
夏のFlash Lightツアーで「いったん最後」って言ってたけど、
10月になって、12月に武道館3DAYSの情報。

JUNHO(From 2PM)入隊前最後の日本公演は武道館3DAYS

友達のおかげで2日目と3日目に行かせていただく。
3日だけの公演で今までのバンドメンバー変えるわけないものねぇ。
と、勝手に確信しつつ。

ちゃんとしたレポート記事があるのが、大きなコンサートのありがたいところ。
2PM ジュノ、“明るい余韻”を残したソロ活動集大成のコンサート 武道館公演最終日をレポート

2015年のLAST NIGHTツアーから4年。
私こんなにキャーキャー言えるライブ、
行ったことなかったからねぇ。
園田くんの幅広い活動のおかげでいろいろ楽しい。
いつの間にかジュノにも魅了されちゃってね。
…と思ったけど過去のブログ読んだら
LAST NIGHTをひとめ見た時から魅了されちゃってるね。

個人的に「FLASHLIGHT」が好きすぎて。
今回やってくれたのすっごい嬉しかった。
サビ前のファルセットが好き。
90年代Beingっぽいサウンドが好き。

「Pressure」の間奏のキーボードの旋律に聴き惚れながら
制御されて点滅するペンライトが
そのメロディにぴったり揃ってる光景に感激したり。
バンマスさん、すごいよすごいよ。

ちょいちょいダンサーさんと一緒に踊ってたり、
演奏中に全力でジュノにコールして
慌てて演奏に戻ったり、バンマスさんも魅力満載。

終演後に髭ちゃんも「もはや家族のようなチーム」なんて
Twitterに書いてたし。
2PM公式Twitterアカウントにまで
「ムチャぶりに応えてくれるありがたいバンドメンバー」って
書かれてるし(笑)

最終日8日に会場で流れたサプライズ映像の中で、
バンドメンバーが「好きし♡」のボードを掲げた映像も入ってて。
バンドもすっかりジュノの歴史の一部なんだなぁってうるうる…!

1日目と2日目で1曲だけセットリストが変わったそうで、
私が行った2日目と3日目には
「Zero Point」聴けたのが嬉しかった。
私は暗記できなくて歌えないけど、
武道館で観客みんなが韓国語で合唱してるの、ぐっとくる。

ジュノがファンのみんなへの手紙を読む時に、
日本語で読んだ後に韓国語でも読んだとこにも感動。
私には意味はわからないけれど、
この会場の中にこの心遣いで意味が伝わってる人が
少なからずいるんだなぁ、なんて思って。

メッセージの冒頭で「ご飯食べましたか?」って
いうのかわいくて笑っちゃってたんだけど、
あとで聞いたところによると
韓国の挨拶っていうのはそういうものらしいね。

最終日には、前日までなかったトリプルアンコールまであって。
「HYPER」で派手に弾けて終わったの最高だった。
鳴りやまないアンコールの中、
バンドメンバーが出てきた時は泣きそうだったわ。

一週間後のディレイビューイングも見に行った。
大スクリーンで、バンマスのタンバリンに、エアギターに、
ピアノ目立つ曲でのiPad譜めくりに…(笑)
いや、もちろんジュノもちゃんと見てきましたよ。
「FLASHLIGHT〜Forever〜Believe」の流れは
生じゃないディレイだからこそ、
すっかり引き込まれてしまった。
歌だけであれだけ引き込む力、すごいよなぁ。

私が行ったとこは、みなさんだいぶ静かに鑑賞してたのだけど、
「キミの声」でジュノをコールするカトリーヌが
あまりに微笑ましくて小さな笑いが起きた(笑)

そうそう、ライブ後に友達に聞いて見逃したのが悔しかった、
「HYPER」のバンマスのジャンピングターン(らしきもの)も
ちゃんと見えた(ような気がした)笑
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

あすのかて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる