東野圭吾【名探偵の掟】読み終えた

著者:東野圭吾
タイトル:名探偵の掟
読んだ期間:20090702~0711

テレビでドラマ化されたのは、たまたま1回だけ見ただけ。
「花のOL湯けむり温泉殺人事件」の回。

ドラマはドラマ独自の、小説は小説なりの
うまいおもしろさになってるのかな、って感じです。
ドラマ化の前に「映像化は不可能だ」っていう評判を聞いてたけど、
一年越しで納得。

私はミステリー初心者だけど、
いわゆるミステリーの「ネタ」が少しわかってきたところなのでおもしろかった。
すっごいなぁ、この作品。東野さん、天才。
この一冊で見事に完結している気がするので、
怖くて続編の「名探偵の呪縛」に手を出せない。

名探偵の掟 (講談社文庫)
講談社
東野 圭吾


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント