20100515 "This Is ソノダバンド"@渋谷PLEASURE PLEASURE

昨年の9月の音楽イベント「SOUL POWER」で
キーボードで参加していた園田くんのバンド、
「ソノダバンド」を見てきました。

考えてみたら、ちょっと見ただけで印象に残ってたのは
そのバンド名によるものかもしれない。
ベタすぎて逆に一度聞いたら忘れない。
ギター、ベース、ドラム、キーボード、ヴァイオリン、チェロという編成で
どうしてキーボードの人の名前が冠なのか?
どれだけ「ソノダ」って人が天才なのか?
あるいはどれだけ独裁者なのか?
他のメンバーはそれでいいのか?

そんな謎を胸に秘めて見に行ったので、
緊張気味にMCをする園田くんの様子が意外でした。
もっと俺様キャラかと、勝手に思ってたんで。
「次の曲も難しいんだよな…」とか辛そうにつぶやいたりとか。
自分で作ったんじゃないの?(笑)っていう。

あ、もしかして、
そうやって「あらちょっとカワイイ」と思わせるのは
実は作戦?
だとしたらなんてあざとい奴!なんて
年取ると疑い深くなるもんだなぁ…な私だけど、
とにかく演奏には圧倒されて、CD買って帰ってきました。

それぞれの楽器が次々とソロを繋ぐ様子は
ゴスペラーズの歌い継ぎを聞いたときと同じ感動。
この例えは誤解を招くかな…
私は楽器に対して「歌ってるみたい」っていう表現はあまりしたくなくて。
歌は歌、楽器は楽器じゃん!っていう変なこだわり。

でもゴスペラーズと並べてしまったのは、
単に「いろんな音が次々鳴って楽しい!」っていう
感動が一緒だった、っていう話。

それから、すごく心に残っている光景があるのだけど、
それは、ヴァイオリンの熱田くんが、
見事なソロを演奏する園田くんを
弓をさっとかざして讃えた一瞬。
この他にも、カワイイ感じの顔立ち(失礼!)の彼が
時々見せる鋭い表情がすごくかっこよかった!

全体的には
「一人だけが目立つわけではないバランス」が
独特だなぁと感じました。
立ち位置的にフロントマンの熱田くんが
激しくアピールして盛り上げるわけでもなく、
バンド名になっている園田くんばかりがソロを取るわけでもなく。
名前から想像したワンマンバンドではないというのが
ライブを見てすごくよくわかりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント