20120325 ソノダバンド全国疾走ツアー「おめかしナイト」@STB139

全13本の全国ツアーの3本目。
アルバム「疾走」のリリースツアーに組み込まれた
東京・京都2本だけの「おめかしナイト」。
他の会場とはセットリストも全然違うはず。

ここ最近バンドサウンド志向が強いソノダバンドだけれども
ライブレストランなんかの会場でちょっとおめかし、という
趣旨のライブ、とMCで園田くんからの説明。

終演後にセットリストが貼ってあったので。

----

Who Loves Rain
Blue
トーキョー・ストロール
アップルタイザー(仮)
悲しい太陽
上海午前零時

Englishman In New York
愛を奏でる三つの音符
光、透明、または情熱
沈む瀬
Soul River
Lad Call
Tango-Fragments
Take Me To The Party

-Enc-
はしれ、はしれ
C'est la vie

----

印象的だったのは、私はこの日初めて聴いた「トーキョー・ストロール」
深夜に大切な人と二人で渋谷から六本木までの通りを歩いているイメージ、
とのことで、まさに六本木の会場で聴けるのは嬉しい。
「大切な人がいない人は…この曲がCDになるころにはできてればいいね」
と、なんだか上から目線の一言。。。

それから予想外の「Englishman In New York」。
ピアノとベースとドラムだけで。
園田ワールド満喫。
続く「愛を奏でる三つの音符」と「光、透明、または情熱」を
曲を切らずにピアノソロで続けたところがねぇ…もうねぇ…うっとり。

とはいえ。
おめかしとはいえ、やっぱり最後は盛り上がる。
「Lad Call」と「Tango-Fragments」が続くとか!
中盤はうっとりしたけど、この選曲、全然おめかししてられなかったよ。

うっとり中盤の前に織り込まれた「上海午前零時」の後だったか
「盛り上がっていただくのは嬉しいのですが
今日はそういう趣旨ではないのだけど…」とか
MCで言われたような記憶が。
でもねぇ。上海聴いたら盛り上がっちゃうよねぇ。

アンコールでは、グッズのTシャツを全員揃って着用のメンバーが登場。
…のはずが熱田くんだけ服変わってない。
Tシャツは着ない主義?とか不思議に思ってたら、
単に持ってくるの忘れただけらしい(笑)

もっともっとおめかしな感じを想像してたけど、
いい具合に盛り上げ曲があって、おめかしならではの曲があって、
素敵な時間でした。
この日の連れの初ソノダバンドの友達が終演後にひとこと、
「バンド、だねぇ」と満足そうに言ってた。
彼女にも魅力が伝わったわね。と、嬉しくなった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0