1126sonodaband Live Tour 2013 「巡」@Tokuzo

【曲目や演出、ネタバレしてるのでお嫌な方は見ないでね!】


sonodaband Live Tour 2013 ~from north to south~「巡」

あまりにも仙台公演が楽しかったので、急遽参加を決めた名古屋公演。

会場アクセスを調べようとTokuzoを検索すると
「朝5時まで呑めます!」みたいなキャッチコピーが
いちばんに目について、本当にここでいいんだよね…と不安になるほど。
園田くんもそのことを冒頭のMCで話題にしていました。

今池は不思議な街。
表通りはオフィス街なんだけど、急に巨大なパチンコ屋があったり、
細い道に入ると歓楽街、というあたりが横浜の関内に似てるかも。
そんな街にある会場は、ほどよい広さでアットホームな空間。
ドリンクもフードメニューも盛りだくさんで
ハイボールは濃い目でおいしかったし、よいハコでした。

セトリは仙台と大半は同じ。
ダブルアンコールで「C'est la vie」やってくれたのと、
「出たとこ勝負」に代わって「The Coast Session」♪
これどっちも好きな曲だから入れかわっても嬉しい。
この日「The Coast Session」を演奏し終えると
園田くんは「今ツアーの中で一番、男気MAXの演奏だったよね」と
メンバーを見て笑い、照れ隠しのように
「さっき天むす食べたからかな…」とつぶやく。

この時の、思わず「今の演奏さぁ~!!!」って
メンバーに語りかけちゃったような雰囲気がなんだか微笑ましくて。
園田くんって、きちんとMCしようと思ってくれてるゆえなんだろうけど、
お客さんにまっすぐ向かいすぎちゃってるように感じることが
今まではあって。
その気持ちは嬉しいものなんだけど、
【園田くん1人 対 客席】という感じが少し違和感で。
全体的に話を進行するのは園田くんがやるにしても、
MCの時も【バンド 対 客席】っていう感じになったらいいのに…
と個人的に思ってたの。
この「男気MAX」発言の瞬間が、その願望がかなった感じがした。
実質、この部分では園田くんしかしゃべってないのは
いつもと変わらないんだけどね。そんな空気になった気がしたの。

今回のツアーはMCを園田くん以外も担当しているのもあって
そういう感じが出てきているのかな。
MCにチャチャ入れるのを見てるのが楽しい(^^)

この日のMC係、まずは小山田くん。
「悲しい太陽」が終わって、少し息を切らしながら。
今日はカレーを食べ続けて60日目の記念すべき日、という話から
その思いをこめて次の曲をやります!と(笑)
どんなやねん!という客席の思いを代弁するように
「俺らはどういう気持ちでやればいいの?」と園田くん。
小山田くんの「60日おめでとうの気持ちで…」の言葉にかぶせるように
「上陸セヨ」のイントロのピアノを弾き始める。
苦笑しながら叩き始める小山田くん。

そして赤股くんが「テーマ曲コーナー」(だっけ?)前のMC。
「Lisette」「光、透明、または情熱」「NAZO(仮)」
はっしーや園田くんに話を振りながら。安定のMC(^^)

この3曲が終わると、はっしーが話し始める。
客席の椅子が、なぜか小学校にあるような木の椅子であることに触れ、
「思い出しますね…あの頃は良かった…
 バレンタインの日には机にチョコが積んであって…
 走るのも速かったんですよ…」
唐突に思い出話が始まり、園田くんが「故郷」をBGMに奏でる。
こんな、しっとりしんみりとした空気から、
「盛り上がってますかー」「みゃー」
というコール&レスポンスを要求して空気を変えるはっしーは天才(笑)

仙台公演では1時間40分くらいで終わったのだけど、この日は2時間!
ダブルアンコールがあったせいか、
アットホームな会場でのんびりした空気のせいか。
もちろん仙台も楽しかったけど、関西3days公演を終えて、
名古屋は一層よい雰囲気のライブになってました。

それにしても。MCも良くなってて、男気MAXでも、
演奏には乱れがないのが彼らのすごいトコなんだよなぁ、としみじみ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0