20190619&0620 中川晃教コンサート2019 New Wind with the Trio in Early Summer@横浜みなとみらいホール

横浜2daysの1日目、6月19日。
園田くんの衣装がちょっと派手目のシャツになってたのにびっくり。



「マタドール」では、横須賀公演で手拍子を始めたと思ったら、この日はカスタネット!
公演の回数を重ねるにつれて、徐々に自由度を高めている様子に、にやり。

最後にステージを去る時にも、アッキーさんが前を歩いていた園田くんの背中を勢いよくぽんぽーんと叩いたの笑っちゃった。
園田くんが前によろめくほどの勢いで。
コンサートがいい感じだった証拠だね。

歌と演奏が最高なのはもちろん、そんな風になじんでいく様子が嬉しくて。
完売と告知されていた2日目公演も、奇跡がないかと仕事帰りに会場に寄ってみると。
まさかの当日券GET!
しかも端っこだけど1桁台の列!
開演前にこんな動画も投稿されて、テンション上がる。



結果的には、超ピアノ満喫席だった。
なにかしらこの私の強運。
園田くんの手の甲くらいまでが常時見えるような席で、背中、というか全身を見てることが多かった。
ピアノの演奏って全身運動だなぁとしみじみ思っていた。

そしてこの日のアッキーさんはジュノ並の無茶ぶり…
MCの途中で「チェロってどんな楽器か音で表現してください」と前日までなかった段取り。
チェロとクラリネットのおふたりが振られている間にiPadめっちゃめくる園田くん(笑)

そしてピアノの番がくると「What are you afraid of」を一節。
ジュノツアーで身につけた対抗策だね…ニヤニヤしてしまった(笑)

「マタドール」はピアノ叩きだった。試行錯誤してるのかしら。

20190616 中川晃教コンサート2019 New Wind with the Trio in Early Summer@ヨコスカ・ベイサイド・ポケット

日曜日の14時公演。
ちょっと遠足気分で、横須賀バーガー食べてチェリーチーズケーキ食べて。
大阪や大田区みたいなクラシック専用ホールではなく、多目的ホールのような会場。

そんな会場であるせいか、あるいは4公演重ねてきたせいか、よりいっそうアッキーさんの自由度が増してるような気がした。
ピアノソロの間にぐるっとステージの後ろのほうを歩いてたりとか、もう面白くて面白くて(笑)

アッキーさんは横須賀に昨日から泊まってて、夜中に雷が鳴ってたのを海軍の演習が始まったのかとびっくりしたなんていうMC。
「涼くんも昨日泊まったんだもんねー」と園田くんに笑いかける様子が微笑ましくて。

あとは、観客に向けて、まさかの「声が小さい!」
…ジュノが乗り移った?

何日か公演して、曲たちも進化したような感じ。
園田くん、「マタドール」で突然の手拍子!定評のある手拍子!(笑)
会場の後ろから2列目だったけど、なんだか一体感がありました。

20190614中川晃教コンサート2019 New Wind with the Trio in Early Summer@大田区民センター アプリコ 大ホール

金曜日の夜、仕事を終えて蒲田へ。横浜から近いから嬉しい。
きれいなホール!

この投稿をInstagramで見る

きれいなホール!今日は中川晃教さんコンサート。

AKIさん(@akiakak)がシェアした投稿 -



大阪の時よりも前の方の席。
いずみホールではアッキーさんと園田くんのコンタクトが感じられてよかったのだけど、この日はそれに加えて園田くんとクラリネットの方とのアイコンタクトも見えてとても楽しい。
呼吸でコンタクトとる感じもいい…
生で演奏聴く醍醐味ってきっとそれだよねぇ…

クラリネットとチェロとピアノ、ってどんな感じか想像できなかったけど、聴いてみるとかなりいい。
歌もそれぞれの楽器もしっかり聴ける編成で、お互いに化学反応しあう感じ。
園田くんのピアノにたっぷり浸れるからってのもあるかもしれないけど。

アプリコ大ホールのチェロは江口心一さん。



アッキーさん、来週の横浜の追加公演はまだチケットがあるという話をして
「小旅行になっちゃうかもしれないけど、ぜひ!」
そんなに遠くないよぅ(笑)

20190608 中川晃教コンサート2019 New Wind with the Trio in Early Summer@いずみホール

3月の、ジュノのライブビューイングを横須賀まで見にいった日。
帰りの電車でTwitterを見ていたら、どなたかアッキーさんのファンの方のつぶやき。
何かのイベントで、夏のツアーは園田くんも一緒とのお話があったらしい。

アッキーさんにハマりつつあった私は、既に横浜公演のチケットを取ってたんだけど。
園田くんが出ないとしても行きたいなぁと思って。
でも、園田くんがサポートするならもっと行きたい、とスケジュールを確認。
横須賀は行きやすいし…都内も行けるし…。

あれ、ツアー初日の大阪公演!
Juny-a & 園田涼の大阪公演の翌日じゃないの…!
しかも昼公演だから宿泊を延ばさなくても行けるじゃないの!
というわけで、園田くん満喫3daysの旅。

アッキーさんのTwitterによると、
水曜から大阪入りしてリハーサルしていたらしい。
木曜日のジュニその神戸公演のMCでは、園田くんがギリギリの会場入りになってしまったのは、リハーサルが白熱した影響だとか。

ゆったりと天麩羅定食のランチを食べて、大阪城公園駅のキティちゃんのかわいい駅表示にわくわくしたりしながら会場へ。

チケットを取ったのが遅かったので、前の方の席ではないけれど。
クラシックホールで後方の席には傾斜があるから見やすい。
しかも偶然にもピアノ側の席。

入場時に演奏曲リストもらえるの嬉しい。
この投稿をInstagramで見る

プログラムにちゃんと演奏メンバーのお名前も。

AKIさん(@akiakak)がシェアした投稿 -



歌と、ピアノとクラリネットとチェロ。
素敵だった…。
最初から最後まで最高なアッキーさんの歌も、丁寧に紡ぐ言葉も、呼吸で合わせるトリオとの音も、しっかりと胸に届きました。
静まり返ったところからひとつずつ音が発せられる瞬間とかなんとも言えず。

MCのアッキーさん節も絶好調だった(笑)
それをあたたかく見守る園田くん。という光景はジュニアさんを見守るそれと似ていた。
圧倒の歌と演奏の合間のMCで微笑み合う光景に信頼関係を感じてほっこり。

神戸、大阪とたっぷり楽しませてもらったJuny-a & 園田涼デュオ。
そのステージを作った2人が、翌日には別々にまた違ったジャンルのステージを支えてることにしみじみする。
(この日はジュニアさんはスガシカオさんのサポートだったんだって)

アレンジは山下康介さんという方なんだな、とアッキーさんのTwitterで知る。
純粋にピアニストとして参加の園田くん、っていうのも面白いな。

20190607 Juny-a & 園田涼 Road to Starry Sky~関西編~@Azul Terrace

前日の神戸公演に続いての大阪公演。
連泊した方が楽だなぁと大阪の会場近くで
ホテルを探したら、オープンしたてのキャンペーン特価なのか
きれいなお宿で快適。嬉しい。

天気予報が雨だったので昼間は遠出せず大阪駅周辺を楽しむ計画。
阪神百貨店スナックパークでいか焼き!昼ビール!
パンのセレクトショップ「パントタビスル」でいろいろ買い込む。

のんびり過ごして、歩いて会場に行けちゃうという贅沢。
外を歩いている時には予報にもかかわらず雨は降らず。

予約がいっぱいで、テラス席まで観客が座っていて窓が全開のまま演奏。
雨が降らなくてよかったなぁと思っていたら。
1stの最後のSpainのイントロのピアノとともに降り出す雨。
サックスも入って曲が盛り上がるに連れて雨も強くなっていく。
救急車のサイレンまで聞こえてきてなんとも鬼気迫る雰囲気。
あまりのタイミングとその豪雨っぷりに観客も苦笑。
あの園田くんはなんだか神がかっていた(笑)

2ndのSpringの時もザーッと雨音が強くなり、
ジュニアさん「雨を呼ぶピアニスト!」とか紹介してた(笑)
9月の八ヶ岳のコンサートも、その瞬間までどうなるか読めない自然とのコラボになるんだろうなぁ、なんて想像しながら聴いていました。

セットリストは前日と基本は同じだけど

 さよなら→Travels(Pat Metheny)
 Open arms→Candle

と、1stと2ndでそれぞれ1曲ずつ変えてくださいました。

じゅ「神戸のライブ後にしこたま飲んで」
その「しこたま、って3杯くらいじゃないですか」
じゅ「俺にとってはそれはしこたまなの!」

このライブMCで2人のアルコール分解能力の違いがよくわかりました(笑)

熱いジュニアさんのMCと、それを観客とともに生あたたかく見守る園田くんの様子、というのがこのデュオのライブの魅力。
息のあったデュオの最高のライブを聴かせていただきました。

アットホームな会場の神戸公演と、茶屋町のおしゃれな会場の大阪公演。
同じ曲を聴いてもだいぶ違う感じがしたけれど、どっちもかっこよかったんだよなぁ。
ジュニアさんも園田くんも笑顔。楽しかった。

20190606 Juny-a & 園田涼 Road to Starry Sky~関西編~@ミュゼ・アガサ

ついにこのデュオが関西に。
6月6日(木)神戸、6月7日(金)大阪って、平日に2days。
心配をよそに、無事に両日Sold Outとのこと。

ミュゼ・アガサ。
三宮駅からJRで10分ほどの鷹取駅から歩いてすぐ。
神戸市内だということだけど、閑静な住宅街で、
関東の人間が想像する三宮とかベイサイドがすぐ近くにあるとは思えない…

この投稿をInstagramで見る

駅のホームからコンテナがいっぱい見えるのが素敵

AKIさん(@akiakak)がシェアした投稿 -



ジュニアさん「オシャレな街、鷹取」と、笑いをとる。
全国どこでもマーチンさんは「オシャレな街、〇〇」って言うんだよ、と。
そんなオシャレな街で、ものすごいサックスプレイヤーと
ものすごいピアニストのものすごいセッション。
数日前にぎっくり背中になってしまった人のピアノとは思えない…

-1st-
Moon
America
Human Nature
さよなら
Spain

-2nd-
What a wonderful world
Spring
こころをみせて
Open arms
In your pocket

-enc-
Vertigo


アルバムで何度も聴いてると、この2人はライブでは
アドリブ合戦してるのがよくわかる。
癒されつつ、ニヤリとしちゃう。

いつも「癒し」のイメージが強かったけど、
この日は凄腕ミュージシャン同士の
息のあったせめぎ合いみたいなものを感じてわくわくでした。

「今日だけの演出」って言ってたけど、
ライブの最初から最後まで園田くんの手元をカメラでアップにして
スクリーンに映してた…
肉眼で手元が見える席に座ってるのになぜかスクリーン見ちゃう私(笑)
ジュニアさんも時々スクリーンに見入ってた(笑)

翌日が大阪公演なので、この日は私は大阪泊。
ライブが終わったらJRで大阪駅へ。
静かな住宅街からキラキラの大阪駅に一気に移動したので
ギャップがすごかった。

20190530 neonera Acoustic Session@music hall Cafe&bar neonera

Vocal: Hanah Spring
Vocal: DAISUKE
Keys: Akinori Handa
Guitar: Satoshi Yoshida

昨年の11月のHanah Spring & Shihoライブで聴いて以来、気になってしかたがなかったハナちゃんの声を聴きに溝の口へ。

住宅街の中に突然あらわれるオサレな空間。
溝の口neonera。いいお店でした。
ライブ見れるお店のメニューにピザ700円って書いてあったらペラペラの冷凍食品のが出てくるかなって思うでしょ?
違うの!ちゃんと生地から手づくりして窯で焼いた感じのが出てくるの!
もちろんミニサイズだけど。美味しかった。
下のレストランで作ってるのかな…

そんな素敵な会場で、贅沢なライブでした。
ハナちゃんの声と観客を巻き込む力はやっぱりすごい。
ダイスケさんの歌声とマイペースなMCのギャップもすごい(笑)

フィラデルフィアソウルの話になった時に
「旬なのでいうと『夢でKiss♪Kiss♪Kiss♪』ってストリングス入ってるじゃない?」って例えに出したの吹いた。
旬、って(笑)

そこから、ギターの吉田サトシさんは電気グルーヴのツアーのバンドやってたという話になり、ダイスケさんが「俺、静岡出身だから親しみが…」と言い出したのでハナちゃんが「富士山♪富士山♪」って歌いだす…
その展開、私なんて爆笑してたのに肝心のダイスケさんはその曲知らなかったらしくキョトンと(笑)

ハナちゃんとダイスケさんが参加してるSoftsoulのアルバムも買っちゃった。
これでしばらくじんわり余韻に浸れる。