20191215 園田涼 Live2019 Voyage@アルカスSASEBO 第1リハーサル室

福岡から特急みどりで佐世保へ。
九十九島で佐世保バーガー食べて、観光船乗って。
満喫してからライブ会場へ。
もはやどちらが主目的かわからない。

チェロの萌ちゃんのふるさと佐世保。
会場はアットホームな雰囲気。
MCでは、萌ちゃんが高校時代に通った「ジャパチ」=ジャスコの8階、の話とか。
昼間食べた佐世保バーガーの店名が思い出せずに
「なんだっけ…おかあさーん」と客席に向かって助けを求める萌ちゃんとか(笑)
佐世保ならでは。

この日はソノダバンド曲もだいぶ落ち着いて純粋に楽しめた。
「Shattered Love」の萌ちゃんのチェロかっこよかったなぁ。

第2部での「見る前に跳べ」
これは福岡公演でもやったんだけど。曲の前の萌ちゃんの朗読が良い。

夏のピアノソロコンサートで初披露の時にはまだタイトルのなかった曲、との説明。
この曲でオーデンの詩「見る前に跳べ」を思い出した、とおっしゃった方がいたそうで。
曲の導入に、萌ちゃんが訳詞を朗読。
(福岡ではさらに園田くんが英語詩を読む)

私はこの詩を知らなかったんだけど、検索してみたらこちらのブログが出てきた。
そうそう、こんな感じの朗読だった。

「Last Nite」の一芸コーナーでは。
桃斗くんが園田くんに
「僕のヴァイオリンで踊ってください!」(結構長いフレーズ)
園田くん、ピアノを弾くのをやめて足につけていたタンバリンを持って踊る(笑)
なんでそうなる…(笑)

「はしれ、はしれ」の萌ちゃんの歌唱指導(いちにさんし、うん!)
かわいかったなぁとか、とか思い出すのは萌ちゃんのことばかり。
えっと、桃斗くんも園田くんもかっこよかったよ、うん。(必死)

セットリストは、本編は福岡と同じ。
アンコールは全然違った。

アンコールの最初に。
ピアノソロを弾こうと思いますが、早い曲とゆっくりなのどっちがいいですか?
と客席に問いかける園田くん。
誰かが「両方!」って言ってくれたので2曲聴けました。
「幻想即興曲」と「ポーギーとベス」

そしてピアノとチェロのデュオ曲。タイトル未定の書き下ろし曲。
最後にミケランジェロ。
みるみる良くなっていきますねぇ、このトリオ。

帰りに空港で五島うどんと長崎おでん食べて。
最後まで九州を満喫。
幸せな2泊3日だったなぁ。ほわほわ。
この投稿をInstagramで見る

佐世保のこの景色すてき。

AKI(@akiakak)がシェアした投稿 -