20190907 Juny-a&園田涼 八ヶ岳野外フリーライブ『ほしぞらの下で』@清里の森音楽堂野外広場

出演 Juny-a(sax)、園田涼(Piano)、高橋真理子(一般社団法人星つむぎの村)

『星空プロジェクト2019』クラウドファンディングの企画。

・八ヶ岳野外フリーライブ『ほしぞらの下で』
・カバーアルバム制作&リリース!
・プラネタリウムライブ『夜空と月のメロディ2』2days

「スポンサー観覧エリア入場権」に惹かれてクラウドファンディングに参加。
おかげで、開演まで場所取りとか気にせずにまったり芝生でビール飲んだりできました。

この投稿をInstagramで見る

きもちいー #昼ビール #beer

AKI(@akiakak)がシェアした投稿 -



昼間から設営したりあちこち回って様子をみたりしているジュニアさんの姿が微笑ましく。
時々うろうろして出店のカレー食べたりしてる園田くんも微笑ましく(笑)

昼間はとてもいい天気だったのに、夕方から雲が出てきて。
暗くなっても星は見えない。残念。
でも一時は雨も心配されたくらいだから、開催できるだけでじゅうぶん。
そんな中でライブが始まる。

What a wonderful world
America
夏の終わりのハーモニー
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
Human Nature
Vertigo
(宇宙の話)~Moon
STAY GOLD(宇多田ヒカル)
Open arms
In your pocket

-enc-
Candle

10月に発売のカバーアルバム「星空バラッド」
この収録曲として告知されてた「亡き王女のためのパヴァーヌ」「STAY GOLD」この日が初披露。

途中で雲が切れて星がいくつか見えた時に「星つむぎの村」の方が星空解説をしてくれる。
北杜市教育委員会の後援もとりつけて学校で案内配ったりしたせいか、家族連れもいっぱいいて。
小学生の頃の、お祭りの日だけは夜に出かけるのを許される、特別なワクワクを思い出す。
夏の終わりの夜、知的好奇心を刺激する素晴らしい雰囲気。

そんなムードの中、ライブ中盤から最後までステージの中を飛び回る蜂さんに翻弄されてかっこつけるどころじゃない2人(笑)
それもなんだかいいバランスでした。

一泊二日の山梨旅。
ほうとう食べて、温泉入って、かわいいコーヒー屋さんに寄って、白州蒸溜所見学して。
帰りの中央線に乗るまでなんとか雨に降られずに満喫。
家に着いた後、夜中に関東は「令和元年台風第15号」に襲われて。
翌朝、目が覚めたら停電していた。
我が家は1時間くらいで復旧したけど、数日間続いた千葉県の大規模停電は記録に残るものだろう。
そんなギリギリのところで無事に開催できた野外ライブは、このデュオの熱い思いの賜物なのかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0