20190710 中川晃教コンサート2019 New Wind with the Trio in Early Summer@川口総合文化センター・リリア音楽ホール

個人的にツアーにお邪魔するのはこの日が最後。
ツアーはこの後に京都、神戸と続くけれども。

この川口リリア音楽ホールは、左右の幅が狭くてピアノとクラリネットとチェロの位置がきゅっと密集してる。
わくわくする。

もうツアー終わったから毎回会場で配られてたプログラムも貼っちゃう。
program.jpg

アンコールは
「I Will Get Your Kiss」
「見上げてごらん夜の星を」

「ボヘミアン・ラプソディ」のピアノ、すごいかっこよかったなぁ。いやいつもだけど。この日はいつも以上に。

アッキーさん、思うがままに動くゆえ、セットリストは同じでも日によって全然違うアウトプットに。
川口では「Smile」の冒頭からパントマイムが入り、映画の世界に入り込んでしまったかのようにものすごいピアニッシモで歌い始める。それと呼吸を合わせて園田くんがピアニッシモで弾くのが最高にかっこよかった。

公演ごとに全てが違って素晴らしかった。
一期一会、ってアッキーさんは思ってらっしゃるんだろうな。
毎回、心が洗われるようでした。

川口駅の発車メロディが「Jupiter」だったので、こないだの紀尾井ホールでJupiter弾いてくれた公美香さん思い出してたんだけど。
無茶ぶりコーナーでなぜか市川駅の発車メロディ弾いた園田くんに対してアッキーさんが「川口駅はJupiter」とふってくれて、もう1回聴けたの楽しかった。
アッキーさん「なんで市川駅?」
そのだくん「いやマネージャーさんが弾いてって言うんで」
っていう謎な会話していた(笑)

アッキーさんこの日の名言。迷言か。
(キラキラの笑顔で) 「涼くんさすが東大、深いんだか浅いんだかわかんないよね」
それ私もよく思います(笑)

終演後にCD売ってるとこ覗いたら、いつも置いてあるソノダオーケストラのがなくて。
「園田さんのCDはないんですか?」って販売員さんに聞いてる方がいたのが嬉しかった。
置いてあったらあの方、買ってただろうになぁ。残念。

20190709 B'z LIVE-GYM 2019-Whole Lotta NEW LOVE-@横浜アリーナ

アルバム「NEW LOVE」をひっさげてのツアー。
横浜アリーナだと後ろの方でも肉眼で存在が見えるのが嬉しい(笑)

1.マイニューラブ
2.MR.ARMOUR
3.WOLF
4.俺よカルマを生きろ
5.トワニワカク
6.今夜月の見える丘に
7.有頂天
8.ultra soul
9.恋鴉
10.ゴールデンルーキー
11.Rain&Dream
12.SICK
13.マジェスティック
14.裸足の女神
15.RED
16.イチブトゼンブ
17.Still Alive
18.デウス
19.兵、走る

アンコール
20.juice
21.さまよえる蒼い弾丸

アリーナサイズツアーだからか、巨大なセットとかというよりもモニターをうまく使った演出。
シンプルな演出だからライブバンド感が強く出る。
バンドメンバーも一新。
ベースソロもドラムソロも凄すぎて曲芸みたいな(語弊)

アルバム「NEW LOVE」の話から「新しい」っていうワードを連発してたけど、新しくありつつも、B'zさんらしさは貫かれている、楽しい楽しいライブでしたよ。

穏やかな人柄が滲み出ている2人のコメント。
ORICON NEWS:[オリコン平成ランキング]平成No.1売上アーティストはB’z 2位AKB48、3位Mr.Children - 毎日新聞

20190707 中川晃教コンサート2019 New Wind with the Trio in Early Summer@紀尾井ホール

6月に私が横浜公演を見て以降、滋賀、宮城、愛知、福岡、山形と回って東京に戻ってきたこの日の公演。

即興で「栗東のうた」が生まれたとかTwitterで楽しそうな様子が伝わってきて。
動画や画像がネットに乗せてもらえる時代になってよかったねぇ。



初めて行く紀尾井ホール。初めて降りた四ツ谷駅。
なんとなく入ってみたお店でランチ。
ピザもDELIも丁寧な手作りって感じで美味しかった。
ソフィア通りに入った途端の、日本じゃなくなった感にはびっくり。

「このツアーも12本やってきて音楽も熟成されてきました」というMC直後のメンバー紹介で、チェロの細谷(ほそたに)さんを「ほそや」さんと紹介するアッキーさん最高だわ(笑)

ソロ演奏を交えてのメンバー紹介のコーナーでは、七夕にちなんでの「きらきら星」をクラリネットの方に先に演奏されてしまいつつも、ピアノの蓋を叩いてひと笑いとった後にJAZZYアレンジきらきら星で乗り切る園田くん。

いろいろ試行錯誤していた「マタドール」の合いの手。
カスタネットやピアノ叩きから結局手拍子に戻った模様。

細かい雨がしとしと降る日で、アッキーさんの歌と純粋な言葉に心震わされて、少し寂しいような気持ちになってしまったりもしたけれど。
音の響きが素敵なホールでした。客席で音に包まれるのが楽しかった!

20190623 ゴスペラーズ 25th Anniversary"ゴスフェス"@東京国際フォーラム ホールA

[6月22日 ゲスト出演者]
加藤登紀子、岸谷 香、佐藤善雄、妹尾 武、TOKU、藤井フミヤ、May J. (五十音順・敬称略)
[6月23日 ゲスト出演者]
佐藤善雄、TOKU、中西圭三、夏川りみ、広末涼子、RHYMESTER、Little Glee Monster(五十音順・敬称略)

「ゴスフェス」って発表された時は、何のことやら、だったんだけど。
初日のチケットは取れなかったし、2日目のは取れたけど席は2階の後方で。
個人的には前日くらいまでちょっと体調も悪くて、なんだかテンションも上がってなかったんだけど、W2N2のバンドメンバーが参加するとSNSでわかって、徐々に盛り上がってくる。

あと、体調不良の私が会場に向かうべく奮い立ったのは「広末涼子を生で見る機会は今後ないかもしれない」という思いによるもの、と言っても過言ではない。

私がオペラグラスで見てた時間の長さの第1位は広末涼子、第2位は佐藤雄大。
(敬称略)
ほら、5人はさぁ、個別で誰かを見るって言うより、5人まとめて見たいからオペラグラスの狭い視野じゃ無理なのよぅ。

こういう公式のレポートがあるとありがたいね。

ゴスペラーズ、25周年イベント「ゴスフェス」2日間で総勢ゲスト12組登場!豪華コラボが実現! | WWSチャンネル

ゴスの「SING!!!!!」、リトグリ、RHTMESTERとアゲアゲな感じのステージから一転、暗闇にスポットライト、広末涼子。
演劇仕立ての演出。
ファイブ・オーシャンズ、田中聡元さん、ってこれ「ハモれメロス」じゃないかっ!
この流れ、めちゃくちゃ感動したねぇ。
と言いつつ、「ひとり」歌い出したとこであんなに笑ったの初めてだわ…

ゴスと夏川りみさんの「童神」に震えたり。
(上間綾乃さんのライブで聴いて好きになった曲だから。)
中西圭三さんの「You And I」がとても好きな曲なので生で聴けて嬉しかったり。

とにかく各ゲストが素晴らしすぎた後に、最後にゴスペラーズ。
「ひとり」も笑ったけど、「熱帯夜」であんなに笑ったのも初めてだわ…
爆発させすぎ(笑)
途中から爆発するだけで笑いが…

久しぶりの「Promise」じーんわり来たなぁ。あと終演後にBGMで流れてた「U'll Be Mine」ね。
なんだかんだ言いつつ、最終的には「ゴス最高、好きでよかった」という気持ちに。

MCで笑ったのが、最初に登場したゲストのリトグリちゃん。
「酒井さん…リトグリのこと好きですか?」
「他の方は気さくに接してくださるのになんかいつもそっけないから…」
観客もゴスのメンバーも爆笑。

酒井さん、他のメンバーに向かって
「おまえらが馴れ馴れしすぎるんじゃー!」と怒鳴り散らす(笑)
その後、RHYMESTERも佐藤善雄さんも
「酒井さん、よろしくお願いしますねっ」とよそよそしくネタひっぱる。
ゲストまでみんな息が合いすぎで最高だわ。

最後の挨拶で酒井さん「もうこれからは他のメンバーに気遣いなんてしない!俺だけに歓声をください!」と(笑)

20190619&0620 中川晃教コンサート2019 New Wind with the Trio in Early Summer@横浜みなとみらいホール

横浜2daysの1日目、6月19日。
園田くんの衣装がちょっと派手目のシャツになってたのにびっくり。



「マタドール」では、横須賀公演で手拍子を始めたと思ったら、この日はカスタネット!
公演の回数を重ねるにつれて、徐々に自由度を高めている様子に、にやり。

最後にステージを去る時にも、アッキーさんが前を歩いていた園田くんの背中を勢いよくぽんぽーんと叩いたの笑っちゃった。
園田くんが前によろめくほどの勢いで。
コンサートがいい感じだった証拠だね。

歌と演奏が最高なのはもちろん、そんな風になじんでいく様子が嬉しくて。
完売と告知されていた2日目公演も、奇跡がないかと仕事帰りに会場に寄ってみると。
まさかの当日券GET!
しかも端っこだけど1桁台の列!
開演前にこんな動画も投稿されて、テンション上がる。



結果的には、超ピアノ満喫席だった。
なにかしらこの私の強運。
園田くんの手の甲くらいまでが常時見えるような席で、背中、というか全身を見てることが多かった。
ピアノの演奏って全身運動だなぁとしみじみ思っていた。

そしてこの日のアッキーさんはジュノ並の無茶ぶり…
MCの途中で「チェロってどんな楽器か音で表現してください」と前日までなかった段取り。
チェロとクラリネットのおふたりが振られている間にiPadめっちゃめくる園田くん(笑)

そしてピアノの番がくると「What are you afraid of」を一節。
ジュノツアーで身につけた対抗策だね…ニヤニヤしてしまった(笑)

「マタドール」はピアノ叩きだった。試行錯誤してるのかしら。

20190616 中川晃教コンサート2019 New Wind with the Trio in Early Summer@ヨコスカ・ベイサイド・ポケット

日曜日の14時公演。
ちょっと遠足気分で、横須賀バーガー食べてチェリーチーズケーキ食べて。
大阪や大田区みたいなクラシック専用ホールではなく、多目的ホールのような会場。

そんな会場であるせいか、あるいは4公演重ねてきたせいか、よりいっそうアッキーさんの自由度が増してるような気がした。
ピアノソロの間にぐるっとステージの後ろのほうを歩いてたりとか、もう面白くて面白くて(笑)

アッキーさんは横須賀に昨日から泊まってて、夜中に雷が鳴ってたのを海軍の演習が始まったのかとびっくりしたなんていうMC。
「涼くんも昨日泊まったんだもんねー」と園田くんに笑いかける様子が微笑ましくて。

あとは、観客に向けて、まさかの「声が小さい!」
…ジュノが乗り移った?

何日か公演して、曲たちも進化したような感じ。
園田くん、「マタドール」で突然の手拍子!定評のある手拍子!(笑)
会場の後ろから2列目だったけど、なんだか一体感がありました。

20190614中川晃教コンサート2019 New Wind with the Trio in Early Summer@大田区民センター アプリコ 大ホール

金曜日の夜、仕事を終えて蒲田へ。横浜から近いから嬉しい。
きれいなホール!

この投稿をInstagramで見る

きれいなホール!今日は中川晃教さんコンサート。

AKIさん(@akiakak)がシェアした投稿 -



大阪の時よりも前の方の席。
いずみホールではアッキーさんと園田くんのコンタクトが感じられてよかったのだけど、この日はそれに加えて園田くんとクラリネットの方とのアイコンタクトも見えてとても楽しい。
呼吸でコンタクトとる感じもいい…
生で演奏聴く醍醐味ってきっとそれだよねぇ…

クラリネットとチェロとピアノ、ってどんな感じか想像できなかったけど、聴いてみるとかなりいい。
歌もそれぞれの楽器もしっかり聴ける編成で、お互いに化学反応しあう感じ。
園田くんのピアノにたっぷり浸れるからってのもあるかもしれないけど。

アプリコ大ホールのチェロは江口心一さん。



アッキーさん、来週の横浜の追加公演はまだチケットがあるという話をして
「小旅行になっちゃうかもしれないけど、ぜひ!」
そんなに遠くないよぅ(笑)